「ゾーブ」球体に入り転がる遊び 「ラート」鉄輪 ドイツ

073tbmlfherxoz
90年代中頃にニュージーランドで
生まれ、日本でも楽しまれている
大きなビニールボールに入り丘の
上から転げ落ちる遊びといえば?
トーブ
ゴーブ
ゾーブ(答)
ラーブ
46%

ゾーブ(Zorb)とは、ニュージーランドの企業ゾーブリミテッド社が開発したニューアトラクション商品の一つで、人間が巨大な中空、透明のボールの中に入り、斜面を転がり落ちて楽しむものである。ゾーブリミテッド社の登録商標である。このアトラクションを行う行為をゾービングという。

日本法人は株式会社ゾーブジャパンで、本社は福岡県糟屋郡志免町片峰中央3丁目16番28号。
引用元:ゾーブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%96

Zorbing (globe-riding, sphereing, orbing) is the recreation or sport of rolling downhill inside an orb, generally made of transparent plastic. Zorbing is generally performed on a gentle slope, but can also be done on a level surface, permitting more rider control. In the absence of hills some operators have constructed inflatable, wooden, or metal ramps. Due to the buoyant nature of the orbs, Zorbing can also be carried out on water, provided the orb is inflated properly and sealed once the rider is inside. “Water walking” using such orbs has become popular in theme parks across the UK.[1][not in citation given] There are two types of orbs, harnessed and non-harnessed. Non-harness orbs carry up to three riders, while the harness orbs are constructed for one to two riders. Double-harness spheres have different slope requirements, and must only be operated in specific locations. The longer runs are approximately half a mile. The first zorbing site was established in Rotorua, New Zealand, by David and Andrew Akers.[2]
引用元:Zorbing – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Zorbing

ラート(独:Rhönrad)は、ドイツ発祥のスポーツで、2本の鉄の輪を平行につないだ器具を用いて、様々な体操を行う競技である。

>現在は、子ども達から障害を持つ人まで誰もが楽しむことのできる生涯スポーツとして、また、国際大会で活躍する選手達の競技スポーツとして幅広く親しまれている。また、サーカスの大道芸の演目として「ジャーマンホイール」や「ゲルマンホイール」の名前で演じられる事もある。世界選手権の際、英語表記ではWheel Gymnasticsと訳される。
引用元:ラート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88