山﨑福也(さちや)「明治大学」有原航平「早稲田大学」野間峻祥(たかよし)「中部学院大学」

204cvgeqkvinob
次の2014年のプロ野球ドラフト
会議で指名された選手と
指名当時の所属先の
正しい組み合わせを選びなさい
山﨑福也───明治大学
有原航平───早稲田大学
野間峻祥───中部学院大学
61%

山﨑 福也(やまさき さちや、1992年9月9日 – )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(投手)。父は巨人、日本ハムでプレーした山崎章弘[1]。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
日本大学第三高等学校
明治大学
オリックス・バファローズ (2015 – )
>プロ入り後[編集]
2015年、開幕一軍入りを果たし[21]、3月29日の対西武戦でプロ初登板・初先発し、2回1/3を投げ3失点だった[22][23]。6月5日の対中日戦で先発登板し、5回0/3を投げ2失点で初勝利を記録した。また、2回のプロ初打席で初安打を放った。なおこの試合は、福良淳一にとっても監督代行[24]としての初の勝利試合だった[25][26]。
2016年、7月14日に行われたフレッシュオールスターゲームでウエスタン・リーグの選抜メンバーに選ばれ、7回表に7番手で登板し1回を投げ無失点だった[27]。
引用元:山崎福也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E7%A6%8F%E4%B9%9F

有原 航平(ありはら こうへい、1992年8月11日 – )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
広陵高等学校
早稲田大学
北海道日本ハムファイターズ (2015 – )
>この年、パ・リーグの最優秀新人に選出された[34]。日本ハムで新人王になったのは2010年に選ばれた榊原諒以来12人目[35]。(なお、パ・リーグ新人王を受賞した投手のなかで有原は過去最低の防御率4.79だった。)
2016年、6月14日の対横浜DeNAベイスターズ戦に9番・投手で先発出場し9回を投げ被安打5、奪三振9、与四死球0、失点0で完封勝利を挙げたが、入団から2年連続での無四球での完封勝利を挙げたのは球団で初のことだった[36][37]。
引用元:有原航平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E5%8E%9F%E8%88%AA%E5%B9%B3

野間 峻祥(のま たかよし、1993年1月28日 – )は、広島東洋カープに所属する兵庫県三木市出身のプロ野球選手(外野手)。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
神戸村野工業高等学校
中部学院大学
広島東洋カープ (2015 – )
>19日の対中日ドラゴンズ戦(広島)では、オープン戦に続いて、NPBの新人選手では最も早く公式戦での初本塁打を記録した。相手投手が前述した浜田で、一軍デビューが野間との対戦でもあったことから、「新人投手が一軍公式戦で初めて対した新人打者によるプロ初本塁打」というNPB史上初の記録も達成した[2][4]。
レギュラーシーズン中は、終始一軍に帯同[5]。シーズン途中から主に代走や守備要員として起用された関係で、一軍公式戦127試合に出場しながら、通算の打席数は188にとどまった。通算打率も.241であったが、セントラル・リーグ2位の6三塁打をマーク。外野守備でリーグ4位の6補殺を記録したほか、「隙あらば野間」というフレーズが生まれるほどのインパクトを残した[5][6]。
引用元:野間峻祥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E5%B3%BB%E7%A5%A5