斎藤雅樹「U-23ワールドカップ日本代表監督」

409ahrwrbwjdqk
2016年9月に野球のU-23
日本代表監督に就任したのは?
斎藤雅樹(答)
宮本和知
桑田真澄
槙原寛己
38%

斎藤 雅樹(さいとう まさき、1965年2月18日 – )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手(投手)、指導者。読売ジャイアンツ二軍監督。
サイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録し、沢村賞を3回受賞した「平成の大エース」。選手時代の愛称は同音姓の芸能人・斉藤清六にちなんでセイロク。

>1990年も8試合連続完投勝利を挙げるなど、20勝を挙げ、巨人だけでなく「平成の大エース」「球界のエース」「ミスター完投」と呼ばれるまでに成長した。この年の斎藤を最後に2年連続20勝投手は現れていない。もっとも、シーズン最後の3試合は2勝1敗で2年連続20勝を果たすも、19イニングで自責点16と打ち込まれ、2年連続防御率1点台は逃す。その不調は日本シリーズでも露呈し、チームのシリーズ敗退の一因となった。
翌1991年は前年終盤からの不調が続き、勝ち星が半減し、勝率も5割に落とした。
1993年から1997年まで5年連続で開幕投手を務めた。1993年は故障がちで成績を落としたが、1994年から1996年は3年連続して開幕戦完封勝利を収める偉業を達成。桑田真澄、槙原寛己とともに先発「三本柱」と呼ばれ、その中でも抜きん出た成績を残し沢村賞3回、最多勝利5回、最優秀防御率3回など数々のタイトルを獲得した。そのうち、1994年には、10.8決戦に登板し、勝利投手となった。

現役引退後[編集]
引退後、2002年〜2003年の2年間は一軍投手コーチ、2004年〜2005年にはフジテレビ野球解説者・スポーツ報知評論家、沢村賞選考委員を務めた。2006年に監督の原辰徳と共に1軍投手コーチとして復帰。2008年〜2009年は二軍投手コーチを務め、2010年から2015年は再び一軍投手コーチを務めた。2016年からは二軍監督を務める。2016年1月18日、野球殿堂入りを果たした[16][17]。
2016年9月26日に第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表監督を務めることが発表された[18]。
引用元:斎藤雅樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E9%9B%85%E6%A8%B9

2016 WBSC U-23ワールドカップ(英語: 2016 WBSC U-23 Baseball World Cup)とは、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、23歳以下の各国代表選手で競われるWBSC U-23ワールドカップの第1回大会である。2016年10月28日から11月6日の間でメキシコ合衆国のモンテレイを中心とした3か所で開催。
本大会は2014年に台湾にて行われた第1回21U野球ワールドカップから数えて実質2回目の大会であるが、今大会から公式に、23歳以下の選手限定の大会に年齢制限を引き上げ、オーバーエイジ(2014年のそれは、基本21歳以下。23歳以下の選手は登録6名・同時出場3名まで)を廃止したものである。そのため、「U-23ワールドカップ」として改めての第1回となる。
引用元:2016 WBSC U-23ワールドカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2016_WBSC_U-23%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97