「飛田穂洲(すいしゅう)」早大初代野球部監督「一球入魂」

130niryfrbmcpy
特別表彰で野球殿堂入り
「一球入魂」という言葉を考案
早稲田大学野球部の初代監督
「学生野球の父」
飛田穂州(答)とびたすいしゅう
安部磯雄
平岡ひろし
河野安通志
44%


特別表彰で野球殿堂入り
後楽園イーグルスを創設
早稲田大学で日本一に
日本初のプロ野球球団を創設
河野安通志(答)

飛田 穂洲(とびた すいしゅう、1886年(明治19年)12月1日 – 1965年(昭和40年)1月26日)は、茨城県出身の野球選手(内野手)、学生野球指導者、野球評論家。本名は飛田 忠順(とびた ただより、とびた ちゅうじゅん)。
日本の学生野球の発展に多大な貢献をしたことから、学生野球の父と呼ばれる。

>飛田 穂洲(とびた すいしゅう、1886年(明治19年)12月1日 – 1965年(昭和40年)1月26日)は、茨城県出身の野球選手(内野手)、学生野球指導者、野球評論家。本名は飛田 忠順(とびた ただより、とびた ちゅうじゅん)。
日本の学生野球の発展に多大な貢献をしたことから、学生野球の父と呼ばれる。
引用元:飛田穂洲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E7%94%B0%E7%A9%82%E6%B4%B2

河野 安通志(こうの あつし、1884年(明治17年)3月31日 – 1946年(昭和21年)1月12日)は、石川県大聖寺町(現:加賀市)出身のアマチュア野球選手(投手)。日本初のプロ野球チーム創設者。
父は河野通理で、加賀藩士。妻の河野いゑは飛田穂洲(忠順)の妹。
引用元:河野安通志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E5%AE%89%E9%80%9A%E5%BF%97

安部 磯雄(あべ いそお、元治2年2月4日(1865年3月1日) – 昭和24年(1949年)2月10日)は、日本の社会主義者。キリスト教的人道主義の立場から社会主義を活発に宣伝し、日本社会主義運動の先駆者であった。また、日本における野球の発展に貢献し「日本野球の父」と呼ばれる。 早稲田大学野球部創設者でもある。
引用元:安部磯雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%83%A8%E7%A3%AF%E9%9B%84

平岡 凞(ひらおか ひろし、1856年9月17日(安政3年8月19日) – 1934年(昭和9年)5月6日)は、日本の鉄道技師、野球選手・指導者(監督)、実業家、三味線の東明流の創始者[1]。芸名は平岡吟舟。
日本で最初の野球チーム創設者と言われているほか、日本初の民間鉄道車両メーカーである平岡工場の設立と経営に携わった。
引用元:平岡ひろし – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B2%A1%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97