「済美高校」創部3年目でセンバツ優勝 愛媛県の高校

229tmayreqykhe
2004年の春のセンバツ高校野球で
史上最短の創部3年目で優勝した
愛媛県の高校は◯◯高校?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
さいび(答)
「済美高校」
83%

img_0812vbdgjvhnecfe
早稲田大学から広島へ入団
背番号は「11」
済美高校で春のセンバツ優勝
ルーキーイヤーの2011年に8勝
福井優也(答)
今村猛(いまむらたける)
江草仁貴(えぐさひろたか)
菊地原毅(きくちはらつよし)

済美高等学校(さいびこうとうがっこう)は、愛媛県松山市にある日本の私立高等学校。
学校法人済美学園が経営している。創立は1901年。元々女子校であったが、2002年度から男女共学となった。

>野球部 – 2004年4月、第76回選抜高等学校野球大会において上甲正典監督(元宇和島東高校監督)のもと、鵜久森淳志、高橋勇丞、福井優也らを擁して、春の選抜大会を史上最速の創部3年目にして初出場・初優勝した。2004年夏の選手権でも、駒大苫小牧に決勝戦で10-13で敗れたものの準優勝した。2013年春には選抜大会で準優勝を果たした。
引用元:済美高等学校 (愛媛県) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E7%BE%8E%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1_(%E6%84%9B%E5%AA%9B%E7%9C%8C)

福井 優也(ふくい ゆうや、1988年2月8日 – )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。

>2003年、野球部監督の上甲正典を慕って[2]愛媛県の済美高校に入学。1年秋からエースになり、同年11月の明治神宮野球大会東北高校戦で2安打完封勝利(7回コールド)を挙げる[2]。
2004年の第76回選抜高等学校野球大会では「やればできる」を合言葉に、大会史上初の「ナイターでの決勝」で愛工大名電に勝利し、創部2年での甲子園初出場初優勝の主力選手となった。同年の第86回全国高等学校野球選手権大会では準決勝までの4試合で先発完投した。決勝の駒大苫小牧戦では、風邪による体調不良ながら、自ら登板を志願した。試合は強打の駒大苫小牧に打撃戦で敗れ、春夏連覇を逃した。大会後には日米親善高校野球のメンバーに選出された[2]。翌年の第87回全国高等学校野球選手権大会でも1勝をあげ、甲子園通算勝利9勝となった。高校の一学年上に鵜久森淳志、高橋勇丞がいる。
引用元:福井優也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E5%84%AA%E4%B9%9F