日本GP入賞「中嶋悟」「鈴木亜久里」「佐藤琢磨」「小林可夢偉」

076ykezfqslluu
次のうち
エフワン日本グランプリで
入賞したことがある
日本人レーサーを全て選びなさい
鈴木亜久里(答)1990 3位表彰台
高木虎之介
中嶋悟(答)1987 6位入賞
佐藤琢磨(答)2002 5位入賞
小林可夢偉(答)2010 7位入賞 2012 3位表彰台
山本左近
48%

日本グランプリ(にほんグランプリ または にっぽんグランプリ、英語: Japanese Grand Prix)は、日本で開催される自動車レースの名称である。国内自動車レース界における最高位のレース(グランプリ)とされる。
引用元:日本グランプリ (4輪) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA_(4%E8%BC%AA)

日本人ドライバーの活躍をやっと見られた…。F1ファンが待ち続けた喜び、感動、興奮を現実にしたグランプリ。それが、当時25歳の新人・佐藤琢磨が5位に入賞した02年日本GPだった。

>日本人ドライバーのF1入賞は、97年ハンガリーGPの中野信治以来、5年ぶり。日本GPに限れば、90年の鈴木亜久里3位、中嶋悟6位以来、12年ぶりだった。98年以降は中野や高木虎之介の苦戦が続き、日本人ファンはミカ・ハッキネンとミハエル・シューマッハーのトップ争いに酔いしれるしかなかった。しかし本当に見たかったのは、日本人の活躍に違いない。それも佐藤が鈴鹿で実現したのだから、ファンが熱狂するのは当然だった。
引用元:鈴鹿サーキットF1日本GP 語り継ぎたい走り特集 – モータースポーツ : nikkansports.com http://www.nikkansports.com/sports/motor/special/suzuka/f1_25th/column/f1_25th-column_05.html

決勝日の鈴鹿サーキットには10万3千人のファンが集まった。日本人表彰台の期待が高まる中、決勝レースがスタート。可夢偉はスタートを決めて2番手スタートのマーク・ウェバー(レッドブル)を抜き去り、トップのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)のすぐ後ろに付けて1コーナーに侵入した。タイヤ交換のための1回目のピットインを行った直後に遅いクルマに引っ掛かり3位に。さらには後方からバトンが速いペースで追い上げ、終盤には可夢偉の直後に迫ってきた。可夢偉も自己ベストタイムを記録しながら逃げるが、ファイナルラップで追い付かれた。相手は2009年のチャンピオン。厳しい状況だ。しかし可夢偉は巧みな走りでバトンを押さえきりチェッカー。日本人3人目、2004年アメリカグランプリの佐藤琢磨以来、そして鈴鹿では1990年の鈴木亜久里以来の3位表彰台をゲットした。
引用元:【鈴鹿F1 Best10】1位:可夢偉の劇的表彰台 – F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb) http://archive.as-web.jp/news/info.php?no=50165