ニック・「プライス」ジンバブエのゴルファー メジャー3勝 ニック・「ファルド」イギリスのゴルファー メジャー6勝

043bpgtszjclhr
全英オープンを1度、全米プロを
2度制覇した、ジンバブエの
男子プロゴルファーはニック・
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
プライス(答)
「ニック・プライス」
Nick Price
35%

cimg6625
次の文字列を組み合わせて
1980年代にマスターズで優勝した
男子プロゴルファーの
名前にしなさい
トム────ワトソン
ニック────ファルド
ベルンハルト────ランガー

◯×
男子プロゴルファーニック・ファルドの国籍はジンバブエである
×(答)
◯イングランド

文字パネル
1992年と1994年に全米プロを、1994年に全英オープンを制したジンバブエのプロゴルファーはニック・◯◯◯◯?
プライス

ですが
マスターズと全英オープンで3回ずつ優勝しているイギリスのプロゴルファーはニック・◯◯◯◯?
ファルド(答)

ニック・プライス(Nick Price, 1957年1月28日 – )は、ジンバブエのプロゴルファーである。1990年代を代表するゴルファーの1人として、メジャー大会に通算「3勝」を挙げた名選手である。1993年と1994年の2年連続でアメリカPGAツアー賞金王(賞金ランキング1位)になり、1994年は世界ランキングでも年間最終ランキング1位に輝いた。PGAツアーでメジャー3勝を含む通算18勝、国際試合で24勝を挙げる。

>プライスの出身地は南アフリカ・ダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。
引用元:ニック・プライス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9

サー・ニック・アレクサンダー・ファルド MBE(Nick Faldo, 1957年7月18日 – )は、イングランド・ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ出身のプロゴルファーである。非常に安定感のある選手で、マスターズと全英オープンにそれぞれ3勝を挙げ、メジャー大会「6勝」を記録した名選手である。世界ランキング1位にも通算「97週」在位した。ヨーロピアンツアーで30勝、アメリカPGAツアーで9勝、国際試合で4勝を挙げる(全英オープンは欧州ツアーとアメリカPGAツアーの両方で優勝回数に数えるため、ファルドの場合は3度の全英優勝が重複記録になる。したがって、生涯通算で40勝を挙げたことになる)。
引用元:ニック・ファルド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%89