徳島ヴォルティス「長島裕明」京都サンガ「石丸清隆」ファジアーノ岡山「長沢徹」

037pivjqoankcv
次のJ2のサッカークラブと
2016年シーズン開幕時点で
監督を務めていた人物の
正しい組み合わせを選びなさい
徳島ヴォルティス───長島裕明
京都サンガF.C───石丸清隆
ファジアーノ岡山───長沢徹(てつ)
28%

長島 裕明(ながしま ひろあき、1967年3月22日 – )は神奈川県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。日本大学卒。
選手時代のポジションはディフェンダー(DF)、ボランチ、守備的ミッドフィルダー。

>2011年からFC東京でコーチを務めた[3]。出場機会の乏しい選手達と向き合って[14]競争意識と一体感を高め[15]、高橋秀人らの台頭を促す[16]などチームの底上げに貢献した[15]。この年、チームはJ2リーグを制してJ1昇格。更に、天皇杯優勝を果たした。
2013年から古巣[注 3]徳島ヴォルティスのヘッドコーチに就任[17]。山形在籍時以来となる小林の下での指導に当たり[9]、小林との「ゴールデンコンビ[18]」でクラブ史上初となるJ1昇格に貢献。コーチとして異なるチームでJ2からJ1への昇格を3度達成した。
2016年より徳島ヴォルティスの監督に就任[19]。
引用元:長島裕明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B3%B6%E8%A3%95%E6%98%8E

石丸 清隆(いしまる きよたか、1973年10月30日 – )は、大阪府交野市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー(MF)。

>引退後は愛媛に指導者として留まり、2007年から3年間はトップチームのコーチ、2010年からの3年間はユース監督を務め、2010年にはS級ライセンスを取得した。2013年からトップチームの監督を務めた[1]。
2015年から京都のトップチームコーチに就任[2]、同年7月、和田昌裕が解任されたことに伴い監督に昇格した[3]。
引用元:石丸清隆 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%B8%B8%E6%B8%85%E9%9A%86

長澤 徹(ながさわ てつ、1968年5月28日 – )は、愛媛県出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー及びディフェンダー。

>2012年、古巣の磐田より招聘され[18]、共にS級ライセンスを受講した[19]森下仁志の下でトップチームのヘッドコーチを務めた[20]。2013年5月、成績不振による森下の監督退任に伴い暫定監督に就任[21]、10節から13節まで指揮を執った。5月19日、関塚隆が監督に就任し、14節以降は再びヘッドコーチに戻った。
2014年からファジアーノ岡山のコーチ[22]、2015年からは監督に就任[23]。同年はハードワークと献身性を拠り所に堅実なチーム作りを進め[24]、終盤14試合を5失点の堅守、1敗に抑え浮上の手ごたえを掴んだ[25]。2016年は勝ち点や得失点差で前年比+10の成績を目標とした[26]。
引用元:長澤徹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%BE%A4%E5%BE%B9

長澤 和明(ながさわ かずあき、1958年2月4日 – )は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身の元サッカー選手・指導者・解説者。日本代表経験を持ち[1]、現Jリーグ所属のジュビロ磐田の初代監督も務めた。長女は女優の長澤まさみ。
引用元:長澤和明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%BE%A4%E5%92%8C%E6%98%8E