きたがわとしゆき「北川隼行」プロ初本塁打が史上2000本目本塁打 

026oakhcblgbul
2009年にプロ野球通算2000本目の
満塁本塁打を打った横浜の選手
北川隼行
きたがわとしゆき(答)
33%

北川 利之(きたがわ としゆき、1979年1月8日 – )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(内野手)。2009年から2010年までの登録名は「北川 隼行」(読みは同じ)。

>2009年より、登録名を北川 隼行(読みは同じ)に変更した。6月8日の横浜スタジアムでのセ・パ交流戦の対ロッテ戦で大嶺から、プロ7年目で初本塁打となる逆転満塁本塁打を放った。この本塁打はプロ野球通算2000本目の満塁本塁打となり[2]、初本塁打が満塁本塁打となったのは横浜では1994年の鈴木尚典以来15年ぶり2人目で[1]、プロ野球史上36人目[3]。しかしその後は、6月中に二軍落ちとなった。シーズン終盤に再昇格したが、レギュラー奪取はならなかった。
2010年は一軍出場がなく、10月1日に戦力外通告を受けた。現役続行を希望し、11月10日の12球団合同トライアウト1回目に参加するも獲得に乗り出す球団は現れず、現役引退を決断した[4]。
引退後は横浜の球団職員として残り、主にNPO法人ベイスターズ・ベースボールアカデミーにて、同じく引退後球団職員として残った小山田保裕や鈴木尚典とともに少年野球指導などにあたっている。
引用元:北川利之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B7%9D%E5%88%A9%E4%B9%8B

今回はグラウンドの外に目を向け、神奈川県の野球レベルの底上げや地域の方との交流に尽力している「地域貢献活動」の活動にスポットを当てた。横浜ベイスターズOBとして、子どもたちの野球指導に熱を入れる、球団職員の北川利之(きたがわとしゆき)さんの思いに迫る。

>取材日は、瀬谷区にある「ゆたか幼稚園」の訪問日。ここは、園児が260名在籍するマンモス園。昨年の2013(平成25)年に続き、2年目の訪問で子どもたちはもちろん、先生や保護者の方も楽しみにしていたという。そんな「幼稚園・保育園 野球ふれあい訪問」の様子をお伝えしよう。

>10時30分になり、園児がグラウンドに集合。この日、ゆたか幼稚園にやってきたのは、北川さんのほか、小山田保裕(おやまだやすひろ)さん、鈴木尚典(すずきたかのり)さんなどのOB選手。現役時代は2年連続首位打者となり、1998(平成10)年の優勝に大きく貢献した鈴木さんの姿に喜ぶ保護者の声も聞こえてきた。

>そのときの満塁ホームランの思い出を聞いてみると、「その1本があるのとないのとでは、その後の気持ちが違った。戦力外になったときに後悔しない気持ちで野球ができたのも、その1本のおかげ。あれは神様がくれたのかもしれないけど、救われた」と当時の心境を振り返る。
引用元:ベイスターズを陰で支える野球振興部の北川利之さんに密着![はまれぽ.com] http://hamarepo.com/story.php?page_no=0&story_id=2650&from=

隼 [意味]
はやぶさ。鳥の名。たかの一種。小形だが、はやい速度で飛び、性質はすばやく勇敢である。 性質の荒い鳥のこと。 とは、上古、九州の南部に住んでいた種族。

部首
隹(ふるとり) < 同じ部首を検索 画数 10 (その他の10画の漢字) 音読み シュン ジュン < 同じ読みを検索 訓読み はやぶさ < 同じ読みを検索 他の読み とし はや はやし はやと はやぶさ < 同じ読みを検索 熟語 隼人 < 検索 引用元:隼(シュン,ジュン,はやぶさ,とし,はや,はやし,はやと,はやぶさ)の意味や読み,隼を含む男の子/女の子の名前 (161件) | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断/名前占いはよく当たる! 素敵な名前を探そう https://mnamae.jp/c/96bc.html