たかはしひでとき「高橋英辰」1960日本代表監督 2009サッカー殿堂入り

024bbjvyxvkvcb
2009年に日本のサッカー殿堂
入りをした、元日本代表監督
高橋英辰
たかはしひでとき(答)
33%

高橋 英辰(たかはし ひでとき、1916年4月11日 – 2000年2月5日)は、福島県福島市出身のサッカー選手、サッカー指導者。サッカー日本代表監督を務め、2009年に日本サッカー殿堂入りした。

>日本代表監督[編集]
1957年(昭和32年)には日本代表監督となり、中国遠征で代表を率いた[2]。ただしこの期間に中国代表などとの国際Aマッチは行なっていないため、代表監督とは見なさないとする意見もある。1958年(昭和33年)に選手としての活動を終えると、1959年(昭和34年)には日本で初めて編成されたユース代表の監督に就任した。マラヤ連邦で開催されたAFCユース選手権1959(英語版)では杉山隆一らを率いて、3位の成績を収めた。
1960年(昭和35年)には竹腰重丸の後を継ぎ、正式に日本代表監督に就任[2]。コーチのデットマール・クラマーとともに1962 FIFAワールドカップ・予選を戦いつつ、1964年(昭和39年)の東京オリンピックに向けた強化活動としてヨーロッパ遠征などを行った。しかし日本サッカー界は低迷期にあり、在任中の通算成績は8勝5分33敗だった[4]。指導者の若返りを図る日本サッカー協会の方針により、1962年(昭和37年)には長沼健に代表監督の職を譲ることになった。

>2000年(平成12年)2月5日、東京都目黒区で肺炎により死去した[1]。2009年、日本サッカー殿堂入りした[2]。
引用元:高橋英辰 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E8%BE%B0

高橋 英辰TAKAHASHI Hidetoki
特別選考 2009年第6回日本サッカー殿堂入り
高橋 英辰1916年4月11日 福島県生まれ

小学校4年でサッカーを始め、刈谷中学、早稲田高等学院、早稲田大学を経て、1941年より日立製作所でプレー。

1955年に早稲田大学監督に就任し、関東大学リーグ2連覇。1957年、第3回アジア競技大会に向けた強化のための中国遠征で日本代表を率い、1959年、日本ユース代表を初めて編成して臨んだ第1回アジアユース大会では3位の成績を収めた。1960年正式に日本代表監督に就任。FIFAワールドカップチリ大会予選、第5回ムルデカ大会、第4回アジア競技大会などを戦い、D.クラマーコーチとともに2年間、東京オリンピックに向けた日本代表の強化に取り組んだ。
引用元:掲額者|日本サッカー殿堂|JFA|日本サッカー協会 http://www.jfa.jp/about_jfa/hall_of_fame/member/TAKAHASHI_Hidetoki.html

辰 [意味]
たつ。十二支の五番め。 十二支をまとめていうことば。 とき。時刻や日。 時刻につれて動く天体。日、月、星の総称。 星の名。水星。 元気よくふるいたつさま。

部首
辰(しんのたつ) < 同じ部首を検索 画数 7 (その他の7画の漢字) 音読み シン ジン < 同じ読みを検索 訓読み たつ < 同じ読みを検索 他の読み たつ とき のぶ のぶる よし < 同じ読みを検索 引用元:辰(シン,ジン,たつ,たつ,とき,のぶ,のぶる,よし)の意味や読み,辰を含む男の子/女の子の名前 (197件) | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断/名前占いはよく当たる! 素敵な名前を探そう https://mnamae.jp/c/8fb0.html