「ジャウアド・ガリブ」2003,2005世界陸上マラソン優勝 北京五輪銀

086ktzljxwttif
2003年世界陸上マラソンで優勝
2005年世界陸上マラソンで優勝
モロッコの男子陸上選手
北京五輪で銀メダル
ジャウアド・ガリブ(答)
ハリド・ハヌーシ
アベル・キルイ
ゲザハン・アベラ
18%


世界陸上選手権4連勝
エチオピアの男子陸上選手
アテネ、北京五輪の1万m連覇
5千m、1万mの世界記録保持者
ケネニサ・ベケレ(答)

連想
福岡国際マラソンで3度優勝
エチオピアの男子陸上選手
2001年世界陸上マラソン優勝
シドニー五輪マラソン優勝
ゲザハン・アベラ(答)

ジャウアド・ガリブ(アラビア語: جواد غريب‎ローマ字:Jaouad Gharib、1972年5月22日 – )は、モロッコの陸上競技選手。2008年北京オリンピックの銀メダリストである。アトラス山脈中部ヘニフラ出身のベルベル人である。
>しかし、2008年北京オリンピックでは、序盤からハイペースの先頭集団に最後まで食らいつき、2時間07分16秒で、ケニアのサムエル・ワンジルに次ぎ銀メダルを獲得。モロッコに、1960年のラディ・ベン=アブデセラムの銀メダル以来48年ぶりのマラソンのメダルをもたらした。
引用元:ジャウアド・ガリブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%96

ハーリド・ハヌーシ(アラビア語:خالد خنّوشي ;Khalid Khannouchi、1971年12月22日- )は、モロッコのメクネス出身のマラソン選手。現在はアメリカ国籍である。日本で用いられている呼称は「ハーリド・ハヌーシ」が最も正確だが、よりアラビア語に近く表記すると「ハーリド・ハンヌーシー」となる。
>2002年ロンドンマラソンでは、トラック競技での第一人者であるハイレ・ゲブレセラシェ(エチオピアの旗 エチオピア)、ポール・テルガト(ケニアの旗 ケニア)の両人を相手に競り勝ち、自身の世界記録を4秒更新する2時間05分38秒で優勝した。このレースでハヌーシは人類史上初めて2時間5分台を複数回記録したランナーとなった。
同年のシカゴマラソンでも、途中で高岡寿成(日本の旗 日本)に先頭集団から大きく抜け出されるものの、終盤に追い上げて逆転し、2時間05分56秒で自身3度目の2時間5分台をマークして優勝した。
その後も度々マラソンを走ったが、度重なる故障でアメリカの五輪予選会に出られなかったりした為、マラソンでの五輪出場は叶わなかった。2007年のニューヨークシティマラソンを最後に長らくマラソンに出場しなかったが、2012年3月28日に正式に現役引退を表明した。
引用元:ハーリド・ハヌーシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%82%B7

アベル・キルイ(Abel Kirui、1982年6月4日 – )はケニアの陸上競技選手、専門はマラソンを主とする長距離走。2009年世界陸上競技選手権ベルリン大会男子マラソン優勝者。

2012年にはロンドンオリンピックにケニア男子マラソン代表として出場。ウガンダのスティーブン・キプロティチに惜しくも破れ銀メダルに終わったが、2009年世界陸上競技選手権ベルリン大会、2011年世界陸上競技選手権大邸大会に続く3世界大会連続のメダルを確保し、世界でも有数のトップ選手である事を証明した。
引用元:アベル・キルイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%A4

ゲザハン・アベラ (Gezahegne Abera、1978年4月23日- )は、エチオピアの陸上競技選手。2000年シドニーオリンピック、2001年世界陸上選手権エドモントン大会の男子マラソン金メダリストである。妻は同じくマラソン選手のエルフェネッシュ・アレム。
なお、彼の名前は「ゲザハン」が本人の名前、「アベラ」はいわゆる「姓(ファミリーネーム)」ではなく父親の名前(父称)である(人名#その他の文化圏における名前を参照)。このため、本人を特定する意味では「ゲザハン」と略するのが正しいが、日本のマスメディアでは「アベラ」をファミリーネームのように扱って略称とすることが一般的であるため、以下の文中の表記もそれに従う。

翌年、アベラはカナダの世界陸上選手権エドモントン大会のエチオピア代表にも選出され、レースはゴール直前、スタジアムでサイモン・ビウォット(ケニア)とのデッドヒートを1秒差で制したアベラが金メダルに輝いた。アベラは世界で初めてオリンピックと世界選手権両方のマラソンを制した男子マラソン選手である(後に、2012年ロンドンオリンピックと2013年世界陸上選手権モスクワ大会で、スティーブン・キプロティチ(ウガンダ)がアベラに続き達成した。女子マラソンでは、ロザ・モタ(ポルトガル)が1987年世界陸上選手権ローマ大会と、1988年ソウルオリンピックにてアベラよりも先に達成している)。
引用元:ゲザハン・アベラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B6%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%A9