岐阜商業「英智」「高木守道」「石原慶幸」「和田一浩」

029bacovgqwcgv
英智
高木守道
石原慶幸
和田一浩
岐阜商業(答)
松商学園
中京商業
東邦高校
79%


辻竜太郎
柳沢裕一
川村一明
上田佳範
松商学園(答)

連想
野中徹博
稲葉篤紀
伊藤敦規
紀藤真琴
中京商業(答)

連想
朝倉健太
山倉和博
山田勝彦
山田喜久夫
東邦高校(答)

岐阜県立岐阜商業高等学校(ぎふけんりつぎふしょうぎょうこうとうがっこう)は、岐阜県岐阜市にある公立商業高等学校。通称「県岐商(けんぎしょう)」、「岐商(ぎしょう)」。全国的には「県岐阜商」と略されることが多いが、これは同名の岐阜市立岐阜商業高等学校があるため。また、定時制単位制を併設する。
西隣には岐阜県立岐阜北高等学校がある。東隣には岐阜市立伊奈波中学校(2012年に閉校)があった。
引用元:岐阜県立岐阜商業高等学校 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%95%86%E6%A5%AD%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1

英智(ひでのり、1976年5月9日 – )は、岐阜県羽島市出身[注 1]の元プロ野球選手(外野手)、コーチ。1999年から2012年まで中日ドラゴンズでプレーした。2016年現在は一軍外野守備・走塁コーチを務める。
旧本名および旧登録名は「蔵本 英智」(くらもと ひでのり)[注 2]。愛称は「ひでのり」、「クラ」など。
>選手歴
県立岐阜商業高校
名城大学
中日ドラゴンズ (1999 – 2012)
コーチ歴
中日ドラゴンズ (2013 – )
引用元:英智 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E6%99%BA

髙木 守道(たかぎ もりみち、1941年7月17日 – )は、プロ野球選手・プロ野球監督、野球解説者。愛知県名古屋市生まれ、岐阜県岐阜市出身。
現役時代は中日ドラゴンズで活躍し、引退後はコーチ・監督を歴任した。2代目「ミスタードラゴンズ(初代は西沢道夫、3代目は立浪和義である[1])。2007年1月より2012年11月25日まで中日ドラゴンズOB会会長[2]。2012年から2013年まで再び中日の監督を務めた。
>選手歴
岐阜県立岐阜商業高等学校
中日ドラゴンズ (1960 – 1980)
監督・コーチ歴
中日ドラゴンズ (1978 – 1986, 1992 – 1995, 2012 – 2013)
引用元:高木守道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9C%A8%E5%AE%88%E9%81%93

石原 慶幸(いしはら よしゆき、1979年9月7日 – )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(捕手)。岐阜県安八郡墨俣町(現・大垣市)出身。2010年からカープの選手会長に就任した。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
岐阜県立岐阜商業高等学校
東北福祉大学
広島東洋カープ (2002 – )
引用元:石原慶幸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%85%B6%E5%B9%B8

和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 – )は、元プロ野球選手。
2010年最優秀選手。2005年首位打者。2010年クライマックスシリーズMVP。ベストナイン6回。日本シリーズ優秀選手賞2回。
マネジメント契約先はスポーツビズ。
愛称は同姓の演出家・和田勉にちなんだベンちゃん(ベン)[2]、ビッグベン[3]など。ナゴヤドームの外野スタンドで掲げられている横断幕には「輝く男」という文字が入っていた。
既婚で四児の父親でもある。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
岐阜県立岐阜商業高等学校
東北福祉大学
神戸製鋼
西武ライオンズ (1997 – 2007)
中日ドラゴンズ (2008 – 2015)
引用元:和田一浩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E4%B8%80%E6%B5%A9