「走り高跳び」野村智宏 君野貴弘

514dbiojbmlgzf
野村智宏 アトランタ五輪日本代表
君野貴弘 日本記録第2位
阪本孝男 ロサンゼルス五輪日本代表
醍醐直幸 日本記録保持者
走り高跳び(答)
三段跳び
棒高跳び
走り幅跳び 
32%

走高跳(はしりたかとび)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技。古代オリンピックの頃から行われている代表的な陸上競技の一つである[1]。
陸上競技における正しい表記は走高跳であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では走り高跳びと表記されることもある。俗称はハイジャン(英語における名称”High Jump”から)。
引用元:走高跳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E9%AB%98%E8%B7%B3

醍醐 直幸(だいご なおゆき、1981年1月18日 – )は、日本の元陸上競技選手。男子走高跳日本記録保持者(2m33)。身長182cm、体重67kg。東京都町田市出身[1]。東京高校教諭。

2005年、大阪府選手権で2m27をクリアしヘルシンキ世界選手権に出場。優れた競技成績が認められ、日本陸上競技連盟がこの年に開始した制度であるスポーツ支援制度の適用による活動費支援を受けることに成功した[2]。2006年、活躍が認められ富士通に入社。その後、当時神奈川県立横須賀高等学校の陸上競技部の監督を務めていた福間博樹コーチの指導を受け、日本選手権で2m33の日本新記録(シーズン世界最高タイ・当時[3])を樹立した。2006年のアジア大会では銅メダルを獲得。横浜インドアオープンでは2m28の室内日本新記録を樹立した。
引用元:醍醐直幸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%8D%E9%86%90%E7%9B%B4%E5%B9%B8

阪本 孝男(さかもと たかお、1958年 – )は、1980年代に活躍した日本の陸上競技選手。陸上競技指導者、陸上競技解説者。元走高跳日本記録保持者。ロサンゼルスオリンピック代表。群馬県出身。

群馬県立富岡高等学校から筑波大学・筑波大学大学院を経て東海スポーツに入社。1978年に日本記録を初めて更新し注目を集める。1984年、日本人として初めて2m30台に突入し、走高跳に新時代をもたらした。
引退後は指導者に転身し、現在至学館大学陸上競技部部長・日本陸上競技連盟強化委員などを務める。女子走高跳の日本記録保持者・今井美希や青山幸のコーチとしても知られる。
引用元:阪本孝男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%9C%AC%E5%AD%9D%E7%94%B7