「パコ・アルカセル」バルセロナのFW パコ「フランシスコの愛称」

210srrrmyzasls
2010年のU-17ヨーロッパ選手権
では得点王となっている、2016年
夏にバレンシアからバルセロナに
移籍したスペイン人FWは?
パコ・カアルセル
パコ・アルカセル(答)
Paco Alcácer
0%

cimg3188nlarheiiszms
小説『パコを憶えているか?』
で有名なフランスの推理作家
エクスブライヤ(答)

パコ・アルカセル (Paco Alcácer) こと、フランシスコ・アルカセル・ガルシア(Francisco ‘Paco’ Alcacer García, 1993年8月30日 – )は、スペイン・トレント出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ポジションはフォワード。
>代表歴[編集]
スペイン代表としてUEFA U-17欧州選手権2010に出場しチームを準優勝に導き、自身も得点王となる6ゴールを挙げた。
2014年9月4日のフランスとの親善試合でA代表デビュー。続く9月8日のUEFA EURO 2016予選マケドニア戦で代表初得点を挙げた[2]。
引用元:フランシスコ・アルカセル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%AB

フランシスコ(Francisco)の愛称は、なぜ、パコ(Paco)、パキート(Paquito)、キコ(Kiko) なのですか?

>メキシコ人の名前は、だいたいの場合がクリスチャンネームであるため、同じ名前の人が多く存在する。また、長い名前の場合には、呼びやすいように決まった愛称というのがある。メキシコに来たばかりの頃、一体誰の話をしているのか分からず、困ったことを覚えている。以下にいくつかの愛称例を紹介しよう。名前から想像できるものもあれば、まったく似ても似つかないものまでいろいろである。ちなみに、メキシコではさらに親しみを込めて名前を呼ぶときに、縮小辞がよく使われる。例えば、“フランシスコ”という名前が、まずは愛称で“パンチョ”になり、さらに親しみを込めると“パンチート”(“Panchito” : “-ito”の部分が縮小辞)になる。“パンチート”がまさか、“フランシスコ”のことだとは、なかなか私たち日本人には分かりにくいのではないだろうか。
引用元:フランシスコ(Francisco)の愛称は、なぜ、パコ(Paco)、パキート(… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485472014

シャルル・エクスブライヤ(Charles Exbrayat, 1906年 – 1989年)はフランスの小説家。
>1958年に”Vous souvenez-vous de Paco ?”(『パコを憶えているか』)でフランス冒険小説大賞を受賞。
引用元:シャルル・エクスブライヤ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4

パコの助けを借りて、今ようやくビラールの悪事の証拠を握ることができるような気がした……が、キャバレーのボーイになって乗り込んだのも束の間、パコは、プツリと消息を絶ってしまったのだ。ミゲルはパコをむざむざ犬死させてしまった自分の愚行を呪った。……が、パコの失踪を嘆き悲しんだのは、ミゲルひとりではなかった。やがて、誰からか〈パコを憶えているか〉という脅迫状が流されるようになり、その後、奇怪な殺人事件が相次いで起き始めたのだ!
引用元:パコを憶えているか – シャルル・エクスブライヤ http://www.aga-search.com/writer/charles_exbrayat/1.shtml