「エドストレーム」IOC第4代会長

150sjstlcqahba
国際五輪委委員会の第4代会長を
務めたスウェーデン人
エドストレーム(答)
「ジークフリード・エドストレーム」
Johannes Sigfrid Edström
23%

ヨハネス・ジークフリード・エドストレーム(Johannes Sigfrid Edström, 1870年11月21日 – 1964年3月18日)は、スウェーデンの工業経営者。当時のスポーツ界の要人であり、国際オリンピック委員会(IOC)の第4代会長を務めた。

>1920年、エドストレームは国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーとなり、理事会に加わった後、1931年には副会長職に就いた。当時IOC会長だったバイエ=ラトゥールが1942年に死去した後、エドストレームは第二次世界大戦終結まで会長代行を務め、その後正式な手続きで新会長に選出された。
エドストレームは大戦後のオリンピック運動を復興するために重要な役割を演じた。1952年に会長職を退き、後任にはブランデージが就いた。
引用元:ジークフリード・エドストレーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0