「コンパニョーニ」五輪3大会連続金のイタリアのスキー選手

148vafmppdlikd
冬季五輪のアルペン競技で、史上
初の3大会連続金メダルを達成
コンパニョーニ(答)
「デボラ・コンパニョーニ」
Deborah Compagnoni
31%

デボラ・コンパニョーニ(Deborah Compagnoni、1970年6月4日 – )は、イタリア・ロンバルディア州出身の女子アルペンスキー選手。男子アルペンスキーのアルベルト・トンバにちなんで「女トンバ」と呼ばれた。

>1992年アルベールビルオリンピックのアルペンスキー女子スーパー大回転で金メダルを獲得。しかし翌日の大回転で大ケガを負い左ひざの靭帯を痛めるが克服。以後は滑降などの高速系種目を離れ、技術系の種目に専念。1994年リレハンメルオリンピックは、スーパー大回転では大きなミスを犯して17位となり連覇を逃したが、得意の大回転で2位に1秒22の大差をつけて優勝。1998年長野オリンピックの大回転でも2位に1秒80の大差をつけて優勝し、アルペン史上初の3大会連続金メダルに輝いた。回転では1位と0.06秒差で金メダルを逃した。
引用元:デボラ・コンパニョーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%8B