「ヒット・ゴリツァ(スロベニア)」森山泰行「リエカ(クロアチア)」財前宣之「ルビエール(ベルギー)」遠藤雅大

111cjvfaxncgrg
次のサッカークラブを
過去に所属した選手ごとに
グループ分けしなさい
40%

森山泰行財前宣之遠藤雅大
ヒット・ゴリツァ
ルビエール
リエカ

森山 泰行(もりやま やすゆき、1969年5月1日 – )は、岐阜県出身のサッカー選手、サッカー解説者。現役時代のポジションはFW。JFA 公認S級コーチ。

>サッカーの名門・帝京高校から順天堂大学を経て1993年、Jリーグの発足と共に名古屋グランパスエイト入団。アーセン・ベンゲル監督時代には途中出場で高い得点率を誇り、スーパーサブとして活躍。1997年までに146試合出場51得点を挙げチームの主力選手として活躍する。その後1998年にベルマーレ平塚に移籍するもケガなどで出場機会に恵まれず、海外でのプレーを選択する。

>1998年にスロベニア・リーグ強豪のヒット・ゴリツァでプレーした後、同じ旧ユーゴスラビア圏のチームであるレッドスター・ベオグラードが興味を示したといわれるが、ユーゴスラビア紛争の影響もあり移籍は実現せず。その後もフランスの強豪オリンピック・マルセイユへの移籍の噂があったほか、1999年にはブラジルのポルトゲーザ、ECジュベントゥージのテストを受け合格するもいずれも契約の細部がまとまらなかったため加入には至らず。1999年のシーズン途中にサンフレッチェ広島に加入し、2000年には川崎フロンターレへ移籍した。2001年から名古屋に復帰し、その年は26試合12得点で復調を見せたかに見えたが、2002年シーズン途中でコンサドーレ札幌に移籍。2004年みたび名古屋に復帰するも出場はなく、その年で一旦現役を引退した。
引用元:森山泰行 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B1%B1%E6%B3%B0%E8%A1%8C

財前 宣之(ざいぜん のぶゆき、1976年10月19日 – )は、北海道出身の元プロサッカー選手・サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー。実兄は元サッカー選手の財前恵一。

>1995年にヴェルディ川崎のトップチームに昇格し、直後にイタリア、セリエAの名門SSラツィオへと留学。ラツィオではプリマヴェーラ(ユース)所属だったが、トップチームの紅白戦にも出場した。また、アジアから唯一世界選抜チームに選出され出場した。
1996年にスペイン1部リーグ、リーガ・エスパニョーラのログロニェスに移籍。監督にもその実力を認められていたが(当時チームは下位に低迷していたが、監督に「うちには財前がいる。彼の怪我が治れば大丈夫」と言わしめていた)、リーグ戦への出場を前にして、靭帯断裂のため帰国を余儀なくされる(もし怪我がなければスペイン1部リーグ初の日本人選手となっていた可能性が高い)。
帰国から約1年後にV川崎にて公式戦初出場。クロアチア1部リーグ、1.HNLのリエカを経て、清水秀彦監督の誘いに応じて1999年にベガルタ仙台入団。ここでクラブの中心選手として存在感を発揮。2001年J2最終戦、京都パープルサンガ戦で試合終了直前にチームを初のJ1昇格に導く決勝ゴールを挙げた。
引用元:財前宣之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A1%E5%89%8D%E5%AE%A3%E4%B9%8B

遠藤 雅大(えんどう まさひろ、1970年8月15日 – )は東京都出身の元サッカー選手、現解説者。2001年12月、昌浩から改名。ニックネームは「エンマサ」。

>1999年、発足直後の横浜FCに移籍。初代キャプテンを務めるが、シーズン途中の7月からはヴェルディ川崎にレンタル移籍。2000年には清水エスパルスに再びレンタル移籍。
同年、ベルギーリーグのKVメヘレンに移籍。ベルギーリーグでプレーした初の日本人選手となる[2]。2001年、ラ・ルビエールに移籍するが、チームの経営破綻で解雇となり、帰国。
帰国後は、スカパー!のサッカー解説を担当。
引用元:遠藤雅大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%97%A4%E9%9B%85%E5%A4%A7