「榎本喜八」NPB史上最年少2000本安打 初代安打製造機

034dvmrochnjau
日本のプロ野球で、31歳7ヶ月
と、史上最年少で2000本安打を
達成した選手は◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
えのもときはち(答)
「榎本喜八」
40%

榎本 喜八(えのもと きはち、1936年12月5日 – 2012年3月14日)は、東京都中野区出身のプロ野球選手(一塁手)。
現役時代はオリオンズの中心選手として長きにわたって活躍した。「安打製造機」の異名を最初に取った選手である[1][2]。1000本安打・2000本安打の最年少記録を保持し、数々の高卒新人記録も持つ。

>1968年5月14日から6月18日までは2番打者を務め、それ以降は5番打者に定着し、シーズンではリーグ4位の打率.306を記録した。同年7月21日の対近鉄戦(東京スタジアム)ダブルヘッダー第一試合の第1打席にて、鈴木啓示投手の初球を打って右翼線への二塁打とし、プロ野球史上3人目となる通算2000本安打を達成。