「松田博資」まつだひろよし ベガを調教 「奥平真治」牝馬三冠メジロラモーヌの調教師 「松元省一」スティルインラブの調教師

296IZsRSIwWeT
ベガ、ブエナビスタなどの
名牝を手がけた調教師です
松田博資
まつだひろよし

007CPOyAQNabt
1986年に牝馬三冠を達成した
競走馬・メジロラモーヌの
調教師は?
元治尾真奥
本省松一平
→奥平真司
おくひらしんじ

ですが
2003年に牝馬三冠を達成した
競走馬・スティルインラブの
調教師は?
松元省一
まつもとしょういち

奥平 真治(おくひら しんじ、1936年10月5日 – )は、日本中央競馬会(JRA)に所属した調教師である。所属場は東京競馬場、次いで美浦トレーニングセンター。中央競馬史上初の牝馬三冠馬・メジロラモーヌなどを管理し、GI級競走で通算6勝を挙げた。1990年度JRA賞最多賞金獲得調教師。青森県上北郡七戸町出身。戸籍上の表記は「眞治」。
>中島が同郷(出身地ではなく出生地の方の故郷)の有力馬主・藤田正明の支援を受けていた関係から、1970年代後半からは「トウショウ」を冠名とする藤田所有馬を数々預託され、トウショウゴッド、エイティトウショウ、トウショウペガサスといった馬で次々と重賞に勝利。1985年に中島が肝臓癌で急死して以降も関係は続いた。また、その死去と前後してメジロ牧場とも強い関係を築き、同場から任された最初の管理馬・メジロラモーヌが牝馬三冠を達成。
引用元: 奥平真治 – Wikipedia.

松元 省一(まつもと しょういち、1939年10月3日 – )は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師。京都府出身。同志社香里中学校・高等学校、同志社大学卒業。父は松元正雄元調教師で、弟に松元茂樹調教師(ビリーヴ、ギルデッドエージなどを管理)がいる。
>代表管理馬[編集]
トウカイテイオー(1991年 皐月賞、東京優駿〈日本ダービー〉、1992年 ジャパンカップ、1993年 有馬記念)
フラワーパーク(1996年 高松宮杯、スプリンターズステークス)
スティルインラブ(2003年 桜花賞、優駿牝馬〈オークス〉、秋華賞)
引用元: 松元省一 – Wikipedia.

 70歳定年を待たずして勇退する松元省師。競馬サークル内はもちろん、ファンの間からも惜しむ声が多い中、同師は「5年ほど前に妻が病気で倒れ、厩舎の事務作業なども1人でやることになり余裕がなくなった」と決断の理由を説明。「いい人生を送らせてもらったし、思い残すことはない」と穏やかな表情で語った。
引用元: 今月勇退の松元省師ラスト“デイ”飾る(競馬) ― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル フェブラリーステークス 2008.

松田 博資(まつだ ひろよし、1946年1月29日 – )は日本中央競馬会 (JRA) に所属する調教師、元騎手。
佐賀県出身。騎手時代は「障害の松田」と呼ばれ、障害競走で通算150勝の中央競馬史上最多記録(当時)を樹立[注 1]。調教師転向後は、それぞれ2007年、2010年のJRA年度代表馬に選出されたアドマイヤムーンとブエナビスタ、クラシック二冠牝馬ベガ、その産駒でGI競走7勝を挙げたアドマイヤドンなど、数々のGI優勝馬を管理している。
引用元: 松田博資 – Wikipedia.