「オスカー」日産FCの監督も務めた元ブラジル代表

090kwlbwscipnn
日本リーグ時代に日産で活躍した
元ブラジル代表のDFで
1989年には日産FCの監督にも
就任しているのは誰?
ンカトサバ
ーオナレス
オスカー(答)
「ジョゼ・オスカー・ベルナルディ」
José Oscar Bernardi
29%

wgbzerfbjmof
第二次大戦中、アメリカ軍は
日本軍の戦闘機「隼」のことを
コードネームで何と呼んだ?
オスカー(答)

ジョゼ・オスカー・ベルナルディ(José Oscar Bernardi、1954年6月20日 – )は、ブラジル・ミナスジェライス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー。元ブラジル代表。オスカル、オスカールと表記されることもある。

>ブラジル代表として3度のワールドカップに出場し主将も務めた。
クラブでは1980年に移籍したサンパウロFCにおいてウルグアイ代表のダリオ・ペレイラと鉄壁のDFラインを形成し、1986年のブラジル全国選手権制覇に貢献した。そして1987年に日産自動車サッカー部(現在の横浜F・マリノス)に移籍した。
タレントを揃えながらライバルの読売クラブの後塵を拝されていたクラブに守備面の修正とプロ意識を与え、1988-89シーズンには日本サッカーリーグ、天皇杯、JSLカップの三冠を達成した。
1989年に現役引退し、同クラブの監督に就任。当時の日本国内では珍しかったフィジカルコーチの招聘や、戦術面では3-5-2システムを採用するなど新しい試みを実践しながら翌年も三冠を達成した。
引用元:ジョゼ・オスカー・ベルナルディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしき-)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機[注 1]。
四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として使用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位[注 2]。
引用元:一式戦闘機 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BC%8F%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F