「ジョー小泉」2007国際ボクシング殿堂入りした評論家 ファイティング原田 本田明彦

059nmgjrjjobhr
2007年に日本人2人めの国際
ボクシング殿堂入りを果たした
ボクシング評論家はジョー◯◯?
◯◯の苗字をひらがなで答えなさい
こいずみ(答)
「ジョー小泉」
35%

ジョー小泉( – こいずみ、本名:小山 義弘(こやま よしひろ)、1947年3月31日 – )は、日本のボクシング評論家、ボクシングのマッチメーカー兼トレーナー、ボクシング番組解説者、ボクシング誌記者。兵庫県神戸市出身。
ペンネームの由来は、小泉信三元慶大塾長の著書に感動したことと、フランツ・カフカの小説の主人公の名前から。
>サラリーマンとボクシング評論家との両立に困難を感じて1985年、38歳で脱サラして独立、「リング・ジャパン」社を設立した。ボクシング関連著書の出版、ボクシング・ビデオの販売事業等を行なう一方、中島成雄の世界挑戦時の減量のトレーナー、渡辺二郎のマッチメーカー、ルイシト・エスピノサ(ルイシト小泉)やジョマ・ガンボア(ガンボア小泉)のマネジメント、アラビラモア木村が指名挑戦者としてリカルド・ロペスと対戦した際のセコンドなど、活動範囲を広げた。現在はマッチメーカーやテレビ解説者、評論家、ランキング選定委員などを務めている。
>2008年、日本人としてはファイティング原田以来2人目の国際ボクシング名誉の殿堂博物館および世界ボクシング殿堂入りした。
引用元:ジョー小泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E5%B0%8F%E6%B3%89

ジョー小泉 ジョー-こいずみ

1947- 昭和後期-平成時代のボクシング解説者,マッチメーカー。
昭和22年3月31日生まれ。三菱重工業入社。勤務のかたわら,ボクシングの解説,レポーター,トレーナーをつとめる。昭和60年リング・ジャパンを設立し,マッチメーカーとしても活躍。アジアのボクシング事情を欧米に発信したジャーナリストとしての功績で,平成19年日本人としてはファイティング原田につぐ2人目の「国際ボクシング名誉の殿堂」入りをはたした。兵庫県出身。神戸大卒。本名小山義弘。
引用元:ジョー小泉(ジョー こいずみ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E5%B0%8F%E6%B3%89-1122538

世界ボクシング殿堂(せかいボクシングでんどう、World Boxing Hall of Fame)は、アメリカ・ロサンゼルスに所在する、ボクシングに多大な功績を残した人物を称える博物館である。
>殿堂入りした日本人[編集]
2008年9月23日に、世界ボクシング殿堂が本田明彦を関係者部門への殿堂入りを決定。日本人の同殿堂入りはファイティング原田、ジョー小泉以来三人目である[1]。11月15日にロサンゼルスのマリオットホテルにて殿堂入りのセレモニーが行われた。
引用元:世界ボクシング殿堂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%AE%BF%E5%A0%82

本田 明彦(ほんだ あきひこ、1947年9月9日[1] – )は、日本のプロボクシングのプロモーター。東京都出身。日本プロボクシング協会会長代行、帝拳プロモーション会長(第3代)。立教高等学校(現・立教新座高等学校)、立教大学卒業。帝拳先代会長本田明(帝拳実質創始者荻野貞行と同級生)の次男。
>2008年9月23日、世界ボクシング殿堂・関係者部門への殿堂入りが決定。日本人の同殿堂入りはファイティング原田、ジョー小泉以来3人目である[2][3]。11月15日にロサンゼルスのマリオットホテルにて殿堂入りのセレモニーが行われたが、本人は欠席した(帝拳ロサンゼルス支部のヘナロ・エルナンデスが代理として出席した)。2009年には国際ボクシング名誉の殿堂博物館にも展示。
引用元:本田明彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E6%98%8E%E5%BD%A6