「中嶋悟」「小林可夢偉」F1ファステストラップ

045infxsqgddzx
次の日本人F1レーサーのうち
F1のファステストラップを
記録した人物を全て選びなさい
中嶋悟(答)
片山右京
鈴木亜久里
小林可夢偉(答)

並べ替え
1989年のF1オーストラリアGPで中嶋悟が記録した、日本人ドライバー唯一のファステストラップは?
1分38秒480 (答)

ファステストラップ (Fastest Lap、FL) とは、モータースポーツにおいて、決勝レースでの全ドライバー中、コース一周回が最も速かった選手、及びそのタイムを指す。ここではフォーミュラ1を代表例に記述する。

>なお日本人では中嶋悟が1989年オーストラリアグランプリ、小林可夢偉が2012年中国グランプリで記録している。
引用元:ファステストラップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97

2012年[編集]
開幕戦オーストラリアGPでは、スタート時の接触によりリアウィングの翼端板が破損、DRSの使用に不安が生じた。そんな中で上位陣のクラッシュもあり6位入賞を果たした。第3戦中国GPではフリー走行から安定した走りを見せ、最終的に自己最高となる予選4位を記録する。予選2位のルイス・ハミルトンのペナルティにより決勝は3番手からのスタートとなったが、スタート時にトラブルが発生し順位を落とす。しかし10位でフィニッシュし、日本人としては1989年最終戦オーストラリアGPに中嶋悟が達成して以来23年ぶり、ザウバーチーム(BMW時代を除く。)としては初めてのファステストラップを記録した。
引用元:小林可夢偉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%8F%AF%E5%A4%A2%E5%81%89

しかし、最終戦のオーストラリアGPでは激しい雨が降る中、レースを沸かせる好走を見せた。後方23位からスタートし、1周目にスピンし最下位まで落ちたものの、スピンやクラッシュで自滅するマシンも多い中で序盤から次々順位を上げ、レース終盤には3位を走行するリカルド・パトレーゼのウィリアムズ・ルノーを追い回した。スリップストリームに入るとエンジンが(前のパトレーゼのマシンが巻き上げた)水煙を吸い込みミスファイアを起こすという症状が何度も起きたため、結局パトレーゼを抜くまでには至らなかった上に、時間制限により規定周回数前にレースが終わってしまったが、自身にとって初であり、同シーズンでロータスにとっても初のファステストラップを記録し、自己最高位タイの4位に入賞した。ファステストラップは2012年中国GPで小林可夢偉が記録するまでの長い間、F1において唯一アジア人ドライバーが記録したファステストラップだった。
引用元:中嶋悟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B6%8B%E6%82%9F