「リングワンデルング」輪形彷徨 Ringwanderung

293cnwaxje
登山で、雪や霧のために
視界がきかなくなり
同じところを何度もグルグル
回ってしまうことを何という?
ルンググデルンンワ
リングワンデルング(答)
Ringwanderung
22%

スロット
登山で、2人以上の互いの安全のためにザイルで体を結びあうことを何という?
アンザイレン(答)

スロット
登山で、ピッケルを補助として雪の斜面を登山靴で滑り降りる高度な技術のことを何という?
グリセード(答)

文字パネル
登山用語で、深雪の中を雪を踏み固めて道を作りながら進む技術のことを何という?
ラッセル(答)

文字パネル
人間の知恵を司る要素が起こす欲望を断って高潔になりたいという願いを込めた、昔の人が登山の際に唱えたかけ声は?
六根清浄(答)


2009年に死去したイタリアの登山家で、自身の名を冠した世界的に有名な登山用品メーカーの創業者としても知らるのは?
リカルド・カシン(答)

四択
登山のとき、岩の割れ目などに打ち込んで手がかりとする金属製のクサビを何という?
リス(答)
Riss

リングワンダリング(英: ring wandering )またはリングワンデルング(独: Ringwanderung)、輪形彷徨(りんけいほうこう)、環形彷徨(かんけいほうこう)は、人が方向感覚を失い、無意識の内に円を描くように同一地点を彷徨い歩く事を言う。

>リングワンダリングとは原文の通り円形に彷徨い歩くことを言う。
方向感覚を失った際に、脚の利きが歩行の偏りを生じ、進行方向が常に同じ向きに修正される為に起こる。ランドマークが無いなど目的物が目に見えない時、視界を奪われた時、方向感官を地理的条件以外で失った時、この現象は加速される。

引用元:リングワンダリング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0