「アスルクラロ沼津」「ヴァンラーレ八戸」「レノファ山口FC」

050KRXpaMOtycR
次の文字列を組み合わせて
2013年12月に日本フット
ボールリーグに加入した
サッカークラブの名前にしなさい
アスルクラロ───沼津
ヴァンラーレ───八戸
レノファ───山口FC
62%

nTbLzGbAHXz
引用元:日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=987

ヴァンラーレ八戸(ヴァンラーレはちのへ、Vanraure Hachinohe)は、青森県八戸市、十和田市、五戸町、三戸町、田子町、階上町、南部町、新郷村、おいらせ町をホームタウンとする、サッカークラブを中心とした総合型地域スポーツクラブ。宮城県仙台市に本拠を置くNPO法人クローバーズネットの八戸事業部が運営しており、サッカークラブ、水中ウォーキング、陸上ウォーキングの種目、小学生スイミング・レクレーションクラブを保有している。
スポーツクラブの中軸となるサッカークラブ(ヴァンラーレ八戸FC)は日本フットボールリーグ (JFL) に加盟する、Jリーグ加盟を目指すクラブの一つであり、NPOクローバーズネット傘下の株式会社ヴァンラーレ八戸が運営している。Jリーグ百年構想クラブに認定されている。
>ヴァンラーレ (Vanraure) は、イタリア語で「南の郷」を意味するアウストラーレ (Australe) と「起源」を意味するデリヴァンテ (Derivante) を組み合わせた造語である。チームの起源は八戸と南郷(旧三戸郡南郷村、現在の八戸市南郷区)という意味が込められている[1]。
引用元:ヴァンラーレ八戸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%85%AB%E6%88%B8

アスルクラロ沼津(アスルクラロぬまづ、azul claro Numazu)は、静岡県沼津市をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。
>1977年に創設された沼津アーセナル(1980年に沼津香陵クラブに名称変更)が前身となり、2006年にアスルクラロ沼津にクラブ名を変更した。なお、アスルクラロ (azul-claro) は、スペイン語で「明るい青」を意味する。
引用元:アスルクラロ沼津 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AD%E6%B2%BC%E6%B4%A5

レノファ山口FC(レノファやまぐちエフシー、Renofa Yamaguchi FC)は、日本の山口市、下関市、山陽小野田市、宇部市を中心とする山口県全県をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
>1949年創設の「山口県サッカー教員団」を起源とし、2006年にクラブチーム化して発足した。クラブ名称の「レノファ」は、「renovation(維新)」の頭文字「レノ」と「fight(戦う)」や「fine(元気)」の「ファ」を合わせて作られた造語である。「山口県民に愛され、山口県民へ感動・勇気・元気を与える山口県民による真の地元クラブを創造する」ことをチーム理念としている[4]。
引用元:レノファ山口FC – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A1%E5%B1%B1%E5%8F%A3FC