「田中英祐」京大卒ロッテの投手 器械体操出身

124AeSTDdd
背番号は「31」
元々は器械体操の選手
白陵高校出身
京都大学出身初のプロ野球選手
益田直也
石川歩
田中英祐(答)
西野勇士


和歌山商業高校出身
関西国際大学からロッテに入団
2012年に新人最多の41ホールド
2012年パ・リーグ新人王
益田直也(答)

田中 英祐(たなか えいすけ、1992年4月2日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。
>兵庫県高砂市出身。高砂市立米田西小学校4年の時に「塩市少年野球団」で野球を始め主に捕手[1]で三塁手、外野手なども経験したが、白陵中学校で投手に転向した。白陵高校では1年生の秋にエースになった[2]。2年時の夏の甲子園は兵庫県大会の3回戦で[3]、3年時の夏の甲子園は県大会初戦[4]でそれぞれ敗退。
京都大学工学部工業化学科に現役合格[3]。野球部に入部し、1年生の春から関西学生野球リーグで登板を果たす[2]。 2年生時の春季リーグの関西学院戦で完封勝利を収め、2009年から続いていたチームのリーグ連敗記録を60でストップさせた[5]。
>2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに2巡目で指名され[13]、三井物産の内定を辞退し[14]、契約金7,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で合意し[15]入団。背番号は31に決まった[16]。同大出身者で初のプロ野球選手となった[14][15](過去に福田岳洋が、京都大学大学院を中退し四国アイランドリーグを経て2010年のドラフトでプロ入りしている[1])。
>4歳の頃から小学校高学年までは器械体操をしており、時には高校生に交じって練習するなど「オリンピックが狙える逸材」と評されていた。しかし、父の助言でそれをやめ、当時掛け持ちしていた野球に専念した。なお、父も京大の卒業生で、英祐の高校3年生の春に、志望校を東京大学から京大に変更するようにも助言をしている[34]。
引用元:田中英祐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E7%A5%90

益田 直也(ますだ なおや、1989年10月25日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。
>2011年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから4位指名を受け、11月18日に関西国際大学三木キャンパスにおいて仮契約した[6]。背番号は「52」。
引用元:益田直也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E7%94%B0%E7%9B%B4%E4%B9%9F

石川 歩(いしかわ あゆむ、1988年4月11日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
富山県立滑川高等学校
中部大学
東京ガス
千葉ロッテマリーンズ (2014 – )
引用元:石川歩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%AD%A9

西野 勇士(にしの ゆうじ、1991年3月6日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。富山県高岡市出身。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
富山県立新湊高等学校
千葉ロッテマリーンズ (2009 – )
引用元:西野勇士 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%87%8E%E5%8B%87%E5%A3%AB