『野球太郎』ナックルボールスタジアム社の野球雑誌 『野球小僧』その前

063hkpBSqb
2012年に創刊された
ナックルボールスタジアム社が
編集を手がける野球雑誌は?
次大球郎太
将小野人僧
野球太郎(答)
20%


1982年に亡くなった『加藤隼戦闘隊』『野球小僧』『バタビアの夜は更けて』などの曲をヒットさせた男性歌手は?
灰田勝彦(答)

『野球太郎』(やきゅうたろう)はイマジニア株式会社モバイルメディア事業本部コンテンツ事業部ナックルボールスタジアムが発行し、廣済堂出版より発売されている日本の野球雑誌。 A5判、不定期刊行。
ここでは前身の『野球小僧』(やきゅうこぞう)についても述べる。

>野球小僧[編集]
1998年11月、白夜書房から白夜ムック扱いで『野球小僧』の第1号が発行。当初は不定期刊行だった。2003年7月10日発売の2003年8月号から隔月刊(奇数月10日発売)となる。
『野球太郎』創刊後、『野球小僧』は2012年9月10日発売の2012年10月号から新編集部により発行を続けたが、結局同年11月9日発売の2012年12月号(11月号は休刊)をもって最終号となり、ムック本としては2012年11月20日発売の『別冊野球小僧 2012年ドラフト総決算号』が最後となった。
野球太郎[編集]
2012年8月に白夜書房から旧編集部が独立して新会社「ナックルボールスタジアム」を立ち上げ、当初は新会社からの『野球小僧』の発行を予定していたものの、最終的には発売元を廣済堂出版に変更した上で新雑誌『野球太郎』を発行することになり、2012年10月5日に廣済堂ベストムック扱いで第1号が発行された。以後も廣済堂ベストムック扱いで不定期刊行されている。
引用元:野球太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A4%AA%E9%83%8E

廣済堂ベストムック:野球太郎
引用元:野球太郎|株式会社廣済堂出版 kosaido publishing http://www.kosaido-pub.co.jp/mook/taro/