「ガーナ」W杯南アフリカ大会 アフリカ勢唯一グループリーグ突破

006fFCvesS
2010年に開催されたサッカー
W杯・南アフリカ大会で
アフリカの国で唯一、グループ
リーグを突破したのは?
ガーナ(答)
アルジェリア
南アフリカ共和国
カメルーン
42%

CIMG4470YoAfphSJOlzt
次の国を、2010年に開催された
サッカーW杯・南アフリカ大会の
準々決勝で対戦したもの同士で
組み合わせなさい
ウルグアイ───ガーナ
スペイン───パラグアイ
ドイツ───アルゼンチン
オランダ───ブラジル

サッカーガーナ代表(アカン語: Gaana adehyeman nan-bɔɔl tiim, 英語: Ghana national football team)は、ガーナサッカー協会により構成されるガーナのサッカーのナショナルチーム。
>アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪国であるが、FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場であった。この大会と続く2010年南アフリカ大会のいずれもアフリカ勢唯一のベスト16進出を果たし、2010年はベスト8に進出した。2014年ではこの大会優勝するサッカードイツ代表相手に2-2と引き分けを演じるもグループリーグ敗退に終わった。近年の代表チームはマイケル・エッシェンを筆頭に、欧州各国のトップリーグで活躍する選手を多く擁している。2009年U-20ワールドカップでは決勝でブラジルを下してアフリカ勢初の優勝を果たした。ブラック・スターズという愛称のとおり、アフリカ屈指のタレントやその原石の宝庫として注目を浴び続けている。
引用元:サッカーガーナ代表 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E4%BB%A3%E8%A1%A8