「クリス・フルーム」2016ツール・ド・フランス総合優勝 途中ランニングするアクシデント

008DAZymVe
2016年7月に行われたツール・
ド・フランスで、道中で自転車が
壊れるアクシデントがあったが
総合優勝を果たした選手は?
クリス・フルーム(答)
アレハンドロ・バルベルデ
ナイロ・キンタナ
ロメン・バルデ
39%

https://twitter.com/LeTour/status/753612921968599040

ツール・ド・フランス 2016(仏: Tour de France 2016)は、ツール・ド・フランスの103回目のレース。ル・モン=サン=ミシェルからスタートし、途中スペイン、アンドラ[1] 、スイスを経て、パリにゴールする3,529km(当初は3,535kmの予定であったが、第12ステージが強風のため6km短縮された)のコースで2016年7月2日から7月24日まで行なわれた。
>レース結果
優勝 クリス・フルーム (イギリス) (チーム・スカイ)
2位 ロマン・バルデ (フランス) (AG2R・ラ・モンディアル)
3位 ナイロ・キンタナ (コロンビア) (モビスター・チーム)
引用元:ツール・ド・フランス2016 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B92016

山も風も、悪天候も乗り越えて、パリまで3週間かけて走り切った甲斐があった。ここまでの20日間どうしても勝てなかったアンドレ・グライペルは、大会最後のスプリント直後に大きな笑顔を見せた。クリス・フルームは、1日中、笑顔だった。1分13秒ものタイムを悠々と使って、2016年ツール最後のフィニッシュラインを、8人のチームメートたちと揃って越えた。
引用元:ツール・ド・フランス2016 レースレポート : サイクルロードレース | J SPORTS http://www.jsports.co.jp/cycle/tour/report/

クリス・フルーム(Chris Froome、1985年5月20日 – )は、イギリスの自転車競技(ロードレース)選手。
>2016年のツール・ド・フランスでは、ピレネー3連戦の2日目の第8ステージ、最後の1級峠ペイルスルド頂上より集団から飛び出し、高速ダウンヒルでマイヨ・ジョーヌを獲得。第12ステージのモン・ヴァントゥにて、ストップしたカメラバイクに追突し自転車が破損、代替車が来るまでランニングするというハプニングもあったが、山岳個人タイムトライアルの第18ステージでも優勝するなど終始安定し、2位と4分5秒差をもって3度目の総合優勝を果たした。
引用元:クリス・フルーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0

アレハンドロ・バルベルデ・ベルモンテ(Alejandro Valverde Belmonte 1980年4月25日- )は、スペイン・ムルシア出身の自転車競技(ロードレース)選手。
引用元:アレハンドロ・バルベルデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%87

ナイロ・キンタナ(Nairo Quintana、1990年2月4日 – )は、コロンビア、ボヤカ県、トゥンハ出身の自転車競技(ロードレース)選手。
引用元:ナイロ・キンタナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A

ロマン・バルデ(Romain Bardet、1990年11月9日 – )は、フランス、ブリウド出身の自転車競技(ロードレース)選手。
引用元:ロマン・バルデ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%87