「埼玉県」浦和レッズ ブッフバルトが所属

258RVQisOZ
元ドイツ代表のブッフバルトが
Jリーグでプレーした時に
所属していたのはどこの
都道府県のサッカークラブ?
埼玉県をタッチ(答)
「浦和レッズ」

ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手。
元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。
>大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年のイタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である[1]。
1994年のFIFAワールドカップアメリカ大会を最後にドイツ代表を引退し、来日。Jリーグ・浦和レッズで1994年から1997年の3年半の間プレーした。浦和ではディフェンスの要として活躍。「ゲルマン魂」をそのまま体現する闘志むき出しのプレイスタイルはチームに大きな刺激を与え、それまで弱小クラブだった浦和を底上げし、サポーターから敬愛された。1995年・1996年には2年連続でJリーグベストイレブンに選出されている。1997年10月15日、浦和駒場スタジアムで行われた退団セレモニーでは、白馬に乗って場内を回った。
引用元:ギド・ブッフバルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88