「ヴォスクオーレ仙台」フットサルチーム 杜(森)「BOSCO」勇気「CUORE」

235YeCcIPP
2014-2015シーズンから
Fリーグに新規参入した
宮城県仙台市に拠点を置く
フットサルチームは?
オースヴォクレ台仙
ヴォスクオーレ仙台(答)
27%
VOSCUORE SENDAI

CIMG5928
長老シャクタスが語る物語
信仰と恋愛の板挟み
インディアンの悲恋
シャトーブリアンの小説
『アタラ』(答)
『ファブリカ』
『クオレ』
『タルチュフ』


イタリア語で「心」
エンリコ少年の日記形式
『母をたずねて三千里』
デ・アミーチスの小説
『クオレ』(答)

連想
金持ちのオルゴン
マリアーヌとの結婚
副題は「ペテン師」
モリエールの作品
『タルチュフ』(答)

ヴォスクオーレ仙台(ヴォスクオーレせんだい、VOSCUORE SENDAI)は、日本の宮城県仙台市に拠点を置くフットサルクラブである。トップチームはFリーグに、サテライトチームは東北フットサルリーグに加盟している。
>チーム名由来[編集]
「VOSCUORE」とは伊達政宗の時代から仙台に縁の深いイタリア語で、杜(森)を表す「BOSCO」と勇気や志を表す「CUORE」を、「BOSCO」の頭文字を勝利の象徴である「V」に変えて掛け合わせた造語。「VOS」はラテン語で「あなた達の」の意味でもあり、地域に根差すクラブを表す[1]。
引用元:ヴォスクオーレ仙台 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AC%E4%BB%99%E5%8F%B0

アタラ
あたら
Atala

フランスの作家シャトーブリアンの中編小説。1801年刊。『ルネ』(1803)とともに『キリスト教精髄』(1802)の一部をなすが、独立して発表される。アメリカ先住民ナッチェスの盲目となった長老シャクタスが養子ルネに若き日の恋を物語る。敵の部族に捕らえられたシャクタスは、首長(しゅちょう)の娘として育てられていた混血児アタラと相愛の仲となり、彼女とともに荒野に逃れるが、アタラはキリスト教徒で純潔の誓いをたてていたため、シャクタスへの愛とこの誓いとの間で悩み、毒を仰いで死ぬ。副題の「荒野の二人の未開人の恋」の情念とその悲劇を軸に、異国情緒豊かな北米の大自然と先住民の生活、オーブリー神父の布教の聖書的情景とキリスト教の偉大さ、主人公たちのメランコリー、愛と宗教の葛藤(かっとう)などが描かれたこの作品は、当時の古典的文学状況下で批評家たちの間に賛否両論の大論争を巻き起こしたが、その文体の叙情的かつ絵画的な美しさで、後のロマン派への道を開く先駆的な作品として評価され、フランス文学史上の一大記念碑となった。[田部井玲子]
引用元:アタラ(あたら)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%A9-1499981

アタラ ルネ
シャトーブリアン
畠中 敏郎 訳
フランス・ロマン主義の父シャトーブリアン(1768‐1848)の名を不朽に伝える2篇である.「アタラ」は新世界アメリカの大自然を背景とするインディアンの悲恋物語であり,「ルネ」は近代的憂鬱を一身に具現する一青年の内的生活の回顧でまた著者の自伝とも称しうるもの.「言葉の魔術師」といわれたほどの絢爛流麗な文章の底には深い寂しさを秘めている.
引用元:岩波書店 http://www.iwanami.co.jp/search/