「田村勤」本田技研和光から阪神へ オリックスで引退したサイドスロー

091bcXHegz
本田技研和光から阪神入り
2002年オリックスで引退
サイドスローの投手
阪神の守護神として活躍
弓長起浩 ゆみながたつひろ
川尻哲郎
田村勤(答)
湯舟敏郎
51%


本田技研鈴鹿からプロ入り
奈良産業大学出身
2001年に近鉄で引退
1992年にノーヒットノーラン達成
湯舟敏郎(答)

連想
1991年熊谷組から阪神に入団
亜細亜大学出身
中継ぎで活躍したサウスポー
スリークォーター
弓長起浩(答)

連想
亜細亜大学出身
日産自動車から阪神に入団
サイドスローの投手
1998年ノーヒットノーラン達成
川尻哲郎(答)

田村 勤(たむら つとむ、1965年8月18日 – )は、静岡県榛原郡川根町出身の元プロ野球選手(投手)。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
静岡県立島田高等学校
駒澤大学
本田技研
阪神タイガース (1991 – 2000)
オリックス・ブルーウェーブ (2001 – 2002)
>プロ1年目から中継ぎ・抑えとして活躍。球速は最速141km/hながらも、ストレートで狙って三振が取れる投手として50試合に登板する。一度マウンドに上がると叫びながら闘志を剥き出しにして投げ続けた。2年目の1992年は球速も146km/hまで上がり、守護神として大活躍。前半戦だけで5勝1敗14セーブ、防御率1.10という好成績を残す。しかし、同年シーズンは開幕後から左肘に違和感を感じており、6月ごろから裂けるような痛みを感じるまでに悪化[1]。痛みの中で投球を続けていたものの、7月には一軍登録を抹消され、後半戦は登板することができなかった[1]。彼の故障離脱などが尾を引き、この年阪神は優勝を逃した。
>2002年の現役引退後は大学チームのコーチ等を務めていたが、駒大時代の恩師・太田誠監督に「お前は怪我で苦労したから、体を診る仕事はどうだ」と助言を受けたのを機に、2005年12月に兵庫県西宮市市庭町に『田村整骨院』を開業した。現在は接骨院を営みながら、少年野球の指導にも携わっている[1]。
引用元:田村勤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91%E5%8B%A4

弓長 起浩(ゆみなが たつひろ、1967年7月5日 – )は、阪神タイガースでプレーしたプロ野球選手(投手)。
>国東高校から亜細亜大学へ進学。東都大学リーグで通算17試合に登板し3勝3敗。熊谷組を経て1991年ドラフト3位で阪神に入団。1年目から中継ぎ投手としてフル回転し、以降も中継ぎとして1990年代の阪神を支えた。1995年に発生した阪神・淡路大震災では同僚の南牟礼豊蔵とともに被災地に出向き、炊き出しやゴミ捨てに入ったりして被災者を助けた。1998年には57試合に登板し、防御率1.69、セ・リーグの最多登板を達成した。
引用元:弓長起浩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E9%95%B7%E8%B5%B7%E6%B5%A9

川尻 哲郎(かわじり てつろう、1969年1月5日 – )は、東京都中野区出身の元プロ野球選手(投手)。
>1997年オフ、プロ野球脱税事件に小久保裕紀、波留敏夫らとともに関与していたことが明らかとなり、翌1998年に3週間の出場停止処分を受けることとなった。しかし、処分が解けた後は総崩れの投手陣を救う投球を見せ、5月26日、倉敷マスカットスタジアムでの対中日ドラゴンズ戦では矢野輝弘とのバッテリーでノーヒットノーランを達成、5月の月間MVPを獲得。オールスターゲームにも出場し、2年ぶりの10勝を達成。さらに、同年オフの日米野球ではカート・シリングと投げ合い、MLB選抜を0点に抑える投球を見せた。日米野球史上初完封目前の9回一死で死球を与え、監督の長嶋茂雄によって大塚晶文に交代させられた。
引用元:川尻哲郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B0%BB%E5%93%B2%E9%83%8E

湯舟 敏郎(ゆふね としろう、1966年10月8日 – )は、大阪府貝塚市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者。現役時代の登録名は「ゆふね」だったが、本名は「ゆぶね」と濁る。
現役時代はストレート・スライダー・カーブ・フォークを持ち球とした投球で活躍した。
引用元:湯舟敏郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E8%88%9F%E6%95%8F%E9%83%8E