「グレッグ・レモン」ツール・ド・フランス総合優勝3回 猟銃事故による疾患で引退

107ipZaxAd
アメリカの元自動車選手
世界自転車選手権個人ロード優勝
ツール・ド・フランス優勝3回
猟銃で撃たれたことが原因で引退
クリス・フルーム
グレッグ・レモン(答)
クリス・ホーナー
ランス・アームストロング
81%


アメリカの元自転車選手
ガンから奇跡の復活
ツール・ド・フランス優勝7回
ドーピング発覚で優勝記録抹消
ランス・アームストロング(答)

連想
ウィギンスとチーム内ライバル
ツアー・オブ・ジャパンでも活躍
ケニア生まれの自転車選手
フルーミー
クリス・フルーム(答)

文字パネル
アメリカ人、そして日本生まれの
自転車選手として初めてブエルタ
・ア・エスパーニャで総合優勝
した選手はクリス・◯◯◯◯?
ホーナー(答)
「クリス・ホーナー」

グレッグ・レモン(Greg LeMond、1961年6月26日 – )は、アメリカ合衆国の元自転車プロロードレース選手。1986年、1989年、1990年にツール・ド・フランス個人総合優勝を達成したほか、1983年、1989年の世界選手権を制している。
正式なフルネームは「Gregory James LeMond」であり、「Greg」は愛称である。日本ではしばしば彼の苗字「LeMond」は一語で記載されるためか、そのまま発音の第1音節に高アクセントを置いて発音される事が多いが(果物のレモンと同じ)、本来は「Le + Mond」であり、発音はMondの第1音節に強アクセントを置く(すなわち「ル・モーン」)。
>しかし、その後の検査により、1987年の事故で体内に残された散弾の鉛が原因と考えられるミトコンドリア性筋肉疾患が進行していることが判明する。 日常生活では支障がないものの、高いレベルの運動を行った時には筋肉に酸素が供給されず、異常な疲労と体力低下を招くというアスリートにとって致命的な病であった。この検査結果を受けて、1994年12月3日にロサンゼルスで開かれたアメリカ自転車連盟各賞授賞式で、プロ自転車選手としての引退を発表した[9][24]。
引用元:グレッグ・レモン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3

ランス・アームストロング(Lance Armstrong , 1971年9月18日 – )、本名ランス・エドワード・アームストロング(Lance Edward Armstrong )は、アメリカ合衆国テキサス州プレイノ出身の元自転車プロロードレース選手。
>癌に脳まで冒されながらも奇跡的に復活し、その後1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇した選手として世界的に著名であったが、この7連覇はドーピング問題により後に取り消された。
引用元:ランス・アームストロング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

クリス・フルーム(Chris Froome、1985年5月20日 – )は、イギリスの自転車競技(ロードレース)選手。
>ケニアのナイロビで出生し、13、4歳の頃、南アフリカに移住したが、選手登録はケニア自転車競技連盟にて行った。
>2012年のツール・ド・フランスではエースであるブラッドリー・ウィギンスを献身的にアシスト。 山岳カテゴリー1級のラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ(フランス語版、英語版)への頂上ゴールとなる第7ステージではラスト1kmを切ってアタックしたカデル・エヴァンスをウィギンスと共に追走、最後はエヴァンスをスプリントでかわし2秒差を付けツール区間初優勝を果たした[3]。その後、第17ステージで、ウィギンスとの絶妙な連携を見せて、総合3位につけていたヴィンチェンツォ・ニバリを後退させ、ウィギンスのツール総合優勝に貢献する形となった。そして自らも総合2位に入った。
引用元:クリス・フルーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0

クリス・ホーナー(Chris Horner、1971年10月23日 – )は、沖縄県生まれ[2]、アメリカ合衆国ベンド育ちの、自転車競技(ロードレース)選手。本名はクリストファー・ホーナー(Christopher Horner)。
>2013年
ティレーノ〜アドリアティコ 総合6位
ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合優勝、コンビネーション賞、区間2勝(第3、第10ステージ)
引用元:クリス・ホーナー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC