「インテル」2016中国「蘇寧雲商集団」が株式買収

083xLTocWq
2016年6月に中国の蘇寧グループ
が株式の過半数を取得した
イタリアのサッカークラブは?
インテル(答)
ローマ
ACミラン
ナポリ
49%

【上海時事】中国の家電量販店最大手、蘇寧雲商集団は6日、南京で記者会見し、サッカーのイタリア1部リーグで、日本代表DF長友佑都が所属するインテル・ミラノを買収すると発表した。蘇寧集団傘下の蘇寧体育産業集団が2億7000万ユーロ(約330億円)で70%の株式を取得する。
 蘇寧集団の創業者、張近東会長は「蘇寧のスポーツ産業戦略の一部であり、国際化の重要部分だ。全世界からスター選手を集め、クラブに再び輝きを取り戻させる」と誓った。インテルのトヒル会長は「この提携で、インテルがいっそう強力となり、国際的な知名度も高まると確信する」と強調した。 
 中国企業では昨年11月に広東省の玩具メーカーがエスパニョール(スペイン)を買収し、不動産開発大手の大連万達集団がアトレチコ・マドリード(スペイン)に出資。欧州クラブも新たな市場として、中国に魅力を感じている。(2016/06/06-20:13)
引用元:蘇寧がインテルミラノ買収=330億円、長友所属-サッカー:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060600693&g=scr

インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。
略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである[1]。
>2015-16シーズン終了後、中国の大手家電販売グループの蘇寧電器グループがクラブの株式の70%を取得し筆頭株主となり、新たなオーナーが誕生することになった。なお、エリック・トヒルは会長の座に留任することになる。
引用元:インテルナツィオナーレ・ミラノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E

蘇寧電器(スニンディエンチー、簡: 苏宁电器、英語:SUNING、日本語読み:そねいでんき)は中国の家電小売販売会社である。中華人民共和国28省、直轄市、自治区、190の都市に941店舗を有する。「中国企業500強」で59位、「中国民営500強」で第3位である。日本においては2009年に家電量販店のラオックスを買収したことで知られる。
引用元:蘇寧電器 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E5%AF%A7%E9%9B%BB%E5%99%A8