「ポスルスウェイト」ティレル019を開発したデザイナー

003twifihD
1990年に中嶋悟が乗った
ティレル019をデザインした
テクニカルディレクターは
ハーベイ・◯◯◯◯◯◯◯◯?
ウルトスポェイス
ポスルスウェイト(答)
「ハーベイ・ポスルスウェイト」
Harvey Postlethwaite
26%

ハーベイ・ポスルスウェイト(Harvey Postlethwaite 、1944年3月4日 – 1999年4月15日)は、イギリスロンドン出身のレーシングカーデザイナー。姓はポストレスウェイトと表記されることもある。
1980年代から1990年代にかけてフェラーリやティレルなどのF1チームで活躍した。中止されたホンダF1プロジェクトのテストを行っていたスペインにおいて、心筋梗塞のため死去した。
>ティレル / ザウバー[編集]
ポスルスウェイトが在籍した4年間、ティレルは中堅チームながらも時折上位を脅かす活躍をみせた。1989年には前輪にモノショックサスペンションを持つ018を開発。1990年の開幕戦アメリカGPでは、ジャン・アレジの乗る018がアイルトン・セナの駆るマクラーレン・MP4/5Bと優勝争いを繰り広げた。続く019では、空力設計者のジャン・クロード・ミジョーと共にハイノーズとアンヘドラルウイングを導入し、以後のF1マシンのエアロダイナミクスの主流を産み出した。
彼はこの時期にマイク・ガスコインを起用して自らのアシスタントに据えた。また、ティレルでのアレジの好走の影にはチームメイトの中嶋悟のセッティング能力が大きく寄与していると指摘し、中嶋の貢献度を評価していた。
引用元:ハーベイ・ポスルスウェイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%88

xneyNCw
ティレル・019 (Tyrrell 019) は、ティレルが1990年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。ハーベイ・ポスルスウェイトを責任者として設計された。現代フォーミュラカーの定番デザインとなった「ハイノーズ」を最初に採用したマシンである。
引用元:ファイル:Tyrrell 019 (cropped version).jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tyrrell_019_(cropped_version).jpg
引用元:ティレル・019 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%BB019