パーボ・「ヌルミ」五輪金メダル9個を獲得したフィンランドの中距離走者

115lKjYLvS
五輪で合計9個のメダルを獲得し
「空とぶフィンランド人」と
呼ばれた陸上選手は
パーボ・◯◯◯?
ムトン
ヌルツ
クーミ
ヌルミ(答)
「パーボ・ヌルミ」
Paavo Nurmi
65%

パーヴォ・ヌルミ(Paavo Nurmi、1897年6月13日 – 1973年10月2日)はフィンランドの中長距離走者。1952年のヘルシンキオリンピックでは最終聖火ランナーも務めている。
事績の概要としてヌルミは1920年代を代表する中長距離走者で、1500 mから 20 kmの世界記録を作った。1920年から1928年の間、オリンピックで合計9個の金メダルを獲得。この後ヌルミは他のレースで賞金を受け取った事実を指摘され、当時の五輪はアマチュアリズムに厳しかった事もあり、1932年のオリンピックではプロ選手とみなされてその結果、参加する事は出来なかった。
引用元:パーヴォ・ヌルミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%8C%E3%83%AB%E3%83%9F