「コルビー・ルイス」広島で活躍した投手 大リーグで初の育休

050nOPAngC
2011年に大リーグで導入された
育児休暇制度を初めて行使した
選手となった、日本でプレーした
こともあるピッチャーは?
ルイ・ーコスビル
コルビー・ルイス(答)
Colby Lewis
45%

CIMG6971cvguZu7yxhPu
2004年広島カープに入団
サウスポーの変化球投手
2004年に11勝を挙げる
2005年は抑えで24セーブ
ネイサン・ミンチー
コルビー・ルイス
ジョン・ベイル(答)
クリス・ブロック

CIMG3757jerYhOAHzAou
2013年9月に史上最高額の1億
ユーロでトットナムからレアル・
マドリードに移籍したウェールズ
代表MFはギャレス・○○○?
ベイス
エメル
ラスコ
ベイル(答)
「ギャレス・ベイル」
Gareth Frank Bale

コルビー・プレストン・ルイス(Colby Preston Lewis , 1979年8月2日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手(投手)。現在はMLB・テキサス・レンジャーズに所属。
>また、最多奪三振のタイトルを獲得し、前年ドジャースに移籍した黒田博樹に代わる先発投手陣の大黒柱として大活躍した。26試合の先発登板中、5回を持たずに降板した試合がわずか2試合。チーム随一の安定感であり中4日での登板もいとわず勝利を重ねた。ちなみに与四球27は規定投球回に達した投手では両リーグ通じて最少である。来日1年目からファンの信頼も厚く、「神様、仏様、ルイス様」と呼ばれた。
>これらの活躍から翌シーズンに向けての契約交渉が進められていたが、家族の健康を理由にアメリカに戻ってプレーしたいという本人からの申し出がなされ、12月14日に一転して退団することが発表された。この時は詳しい説明がされなかったが、翌年2月にESPNの取材に対して、ジェニー夫人が甲状腺の病気であるバセドウ病を患っていること、加えて新たな子どもが欲しいと考えていることも明かした[3]。 退団時、日本の野球についてルイスは「私は広島のファンが大好きだった。新幹線での移動も快適だったね。一番長い移動でも、東京までの4時間だった。あと、先発投手はチームに帯同する必要はないんだ。まるでクレメンスのスケジュールみたいだったね」と述懐した。
>2011年は夫人の出産に立ち会うため、この年から新設された育休リストにメジャー全選手で初めて適用された[4]。
引用元:コルビー・ルイス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9

ジョン・ロバート・ベイル(John Robert Bale , 1974年5月22日 – )は、アメリカ合衆国メリーランド州出身のプロ野球選手(投手)。
>広島時代[編集]
2004年に広島東洋カープに入団。シーズン開幕より先発ローテーションを支え、11勝を挙げた。
2005年には奪三振率の高さを買われ、抑えに転向して活躍。
2006年も開幕直後は守護神として活躍していたが、5月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦で大塚明への5球目を投じた時に雨で足を滑らせ左足内転筋を負傷した(代わった林昌樹が福浦和也にサヨナラ安打を打たれ敗戦。根元俊一の項参照)。そのため、永川勝浩が代わりに守護神を務めることになった。怪我からの復帰後は先発に戻り、まずまずの成績を残すも、長期離脱と高年俸100万ドルがネックとなり10月18日に戦力外通告を受ける。
引用元:ジョン・ベイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%AB

ガレス・フランク・ベイル(Gareth Frank Bale, 1989年7月16日 – )は、イギリス・ウェールズ・カーディフ出身、ウェールズ代表のサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・レアル・マドリード所属。ポジションはデビュー当初は左サイドバックであったが、オフェンス力を買われて前線にコンバートされ左右サイドハーフ、トップ下、左右ウィングをこなす。
2014年6月にアメリカの経済誌フォーブスが公表した世界のアスリートの年収によるとベイルの年収は3640万ドル(約37億円)であり、世界のアスリートの中で14位。サッカー選手の中ではクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ズラタン・イブラヒモビッチに次ぐ4位であり[3]、2015年6月に発表された年収も3500万ドルとサッカー選手としては世界の4位にランクインした[4]。代理人はジョナサン・バーネット。
引用元:ガレス・ベイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%AB