「村椿輝雄」板東英二と延長18回を投げ合う

039IkgstzP
1958年の夏の甲子園の準々決勝で
徳島商の板東英二と延長18回を
投げ合った魚津高校の投手は?
郎悦幸輝山
原村椿秀雄
村椿輝雄(答)
むらつばきてるお
48%

CIMG68963OTtnBEEwM
日本のプロ野球の公式戦で
打者相手に一球も投げずに
勝利投手となった
ピッチャーがいる
×(答)
「1球勝利投手は1966.8.26板東英二ほか多数」

村椿 輝雄(むらつばき てるお、1940年 – )は、元野球選手(投手)。
>準々決勝では徳島商業の板東英二と投げ合い、ともに得点を許さず延長18回引き分けとなり、翌日再試合となった。翌日魚津は1 – 3で敗れたものの、初出場でベスト8まで進出した活躍は「蜃気楼旋風」と呼ばれた。
>高校卒業後は三菱重工業に入社し、社会人野球を続けた。また三菱重工業では横浜造船所や石川県金沢市の支社に勤務し、米国三菱重工業株式会社駐在員としてアメリカ合衆国に長期滞在していたこともある[1]。
引用元:村椿輝雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E6%A4%BF%E8%BC%9D%E9%9B%84

甲子園での再会は半世紀ぶりだった。二塁ベースの後ろで始まったキャッチボール。「甲子園レジェンズ」のゲストに招かれた板東英二さん(68)と村椿輝雄さん(67)もグラブを構えた。約20往復の「会話」を楽しみ、子どものような笑顔を浮かべた。

 ちょうど50年前の夏の甲子園。板東さんの徳島商と、村椿さんの魚津(富山)は準々決勝で対戦。延長18回、0―0のまま史上初の引き分け再試合に。翌日は徳島商が3―1で勝利した。
引用元:asahi.com(朝日新聞社):板東さんと村椿さん、50年ぶりの甲子園再会 – スポーツニュース – 関西 http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK200808020085.html

更に稀なケースとして、登板時点で既に出塁していた走者を牽制球でアウト、または盗塁失敗でアウトにしてイニングを終了させ、直後の攻撃で勝ち越すと、どの打者との対戦をも完了しないまま勝利投手となることができる。日本プロ野球では過去に2例ある。さらに、打者に全く投球せずに勝利投手となることも有り得る(例えば二死一塁の場面で登板し、打者に1球目を投げる前に一塁走者を牽制球でアウトにし、直後の攻撃で決勝点が入った場合)。この0球勝利は、メジャーリーグベースボール (MLB) では2003年5月1日にボルチモア・オリオールズのB・J・ライアンがデトロイト・タイガース戦で記録している。日本プロ野球ではまだ0球勝利は記録されていない。
引用元:勝利投手 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E5%88%A9%E6%8A%95%E6%89%8B

1966年8月26日の対読売ジャイアンツ戦に中継ぎで登板し、塩原明を1球で打ち取って降板。これによりプロ野球史上2人目、セントラル・リーグ初、日本人投手として初の1球勝利投手に輝いている。
引用元:板東英二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%9D%B1%E8%8B%B1%E4%BA%8C