「ラズロ・クバラ」その活躍でカンプ・ノウが作られたハンガリーの選手

483GoAWtRR
その活躍により観客が増え
FCバルセロナの新スタジアム
カンプ・ノウが作られたという
ハンガリー出身の選手は誰?
ズロク・ララバ
ラズロ・クバラ(答)
15%

László Kubala Stecz[1] (10 June 1927 – 17 May 2002), also referred to as Ladislav Kubala (in Slovak) or Ladislao Kubala (in Spanish), was a Hungarian footballer who played as a forward for, among others, Ferencvárosi, Slovan Bratislava, Barcelona, and Espanyol. A Hungarian national by birth, he also held Czechoslovakian and Spanish citizenship, and played for the national teams of all three countries.
引用元:László Kubala – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/L%C3%A1szl%C3%B3_Kubala

ラズロ・クバラ・シュテツ
Laszlo Kubara Stecz

>やがて1つ目の祖国との決別の時がやってくる。クバラはある日の夜、難民用のトラックに乗り込み、妻と子供の待つオーストリアへと脱出。そして紆余曲折を経てスペインのバルセロナへと移籍した。クバラはようやく安住の地を見つけ出したのだ。バルセロナはクバラの入団と共に新スタジアムの建設を発表。後にカンプ・ノウと名付けられるこのスタジアムで、クバラは絶対的なリーダーとして君臨した。1953年にはスペイン代表としてもデビューし、イベリア半島の大国が3つ目の祖国となった。スペイン代表としては19試合に出場、11得点を挙げている。
 クバラは自らの活躍で4回のリーグ優勝、5回のスペイン国王杯優勝、そしてUEFAカップの前身であるフェアーズカップで1回の優勝をバルセロナにもたらした。
引用元:+++サッカー名選手館+++ラズロ・クバラ(Laszlo Kubala) http://www.geocities.jp/fb_museum/GreatPlayer/Hungary/kubala.html

設立当初、スタジアムは6000人収容の借地グラウンドだったが、1920年代にチームは最初の黄金期を迎え、1922年に当時ヨーロッパ最大級となる2万人収容のスタジアム“ラス・コルツ”の建設を決定。1950年に加入したクバラの圧倒的なパフォーマンスと人気により、その器さえ手狭なものとなり、57年には10万人を収容するカンプ・ノウが誕生した。

>ラズロ・クバラ(ハンガリー)
1950‐1961
ハンガリー出身。身分証明書を偽造し、僅か12歳で同国1部ガンツとプロ契約。18歳で名門フェレンツバロシュへ。翌年、チェコスロバキアに移住、同国代表でプレー。バルサとの契約は50年。51‐52シーズンのリーガ、コパ・デル・レイなど4つのタイトル獲得に貢献。
引用元:スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ|バルセロナの基礎知識|WOWOWオンライン http://www.wowow.co.jp/sports/liga/barcelona2012.html