「武田美保」三重県知事鈴木英俊の妻 元シンクロ日本代表

010knbSbTv
現在の三重県知事・
鈴木英俊の妻である
シンクロナイズドスイミングの
元日本代表の選手は?
奥野史子
武田美保(答)
小谷実可子
立花美哉
47%

235NAcGmFZOwW
シンクロナイズドスイミングの
2015年世界選手権から新設された
種目は男女がペアを組む◯◯◯◯
デュエット? ◯を答えなさい
ミックス(答)
「ミックスデュエット」
引用元:「UEFA」欧州サッカー連盟 「ミックス」デュエット 男女ペアによるシンクロナの新種目 FINA「国際水泳連盟」IAAF「国際陸上競技連盟」 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/11471/

武田 美保(たけだ みほ、1976年9月13日 – )は元女子シンクロナイズドスイミング日本代表選手、教育、スポーツコメンテーター。夫は元通産省官僚で三重県知事の鈴木英敬。
>京都府京都市生まれ。7歳でシンクロをはじめ、13歳でジュニアの日本代表入、デュエットでペアを組む立花美哉とともに中学時代から井村雅代が代表を務める井村シンクロクラブに所属する。 1995年3月四天王寺高等学校卒業、4月立命館大学産業社会学部に入学。1996年、大学2年時に日本代表となり、アトランタオリンピックにチームの一員として参加し、銅メダルを獲得。1999年3月、立命館大学卒業。2000年、シドニーオリンピックで立花とコンビを組み、デュエットおよびチーム種目で銀メダルを獲得。2001年、世界水泳福岡大会のデュエットで金メダルを獲得する。シンクロ界において日本史上初の優勝を果たし、またこれが自身唯一の金メダル獲得である。
2004年、アテネオリンピックに出場するも、再び銀メダルの結果に終わる。同年に現役引退を引退し、タレント活動を開始。
引用元:武田美保 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E7%BE%8E%E4%BF%9D

鈴木 英敬(すずき えいけい、1974年(昭和49年)8月15日 – )は、日本の通産・経産官僚、政治家。三重県知事(民選第18代)。妻は元シンクロ五輪メダリストの武田美保。本名は漢字表記は同じだが、読みは「すずき ひでたか」である。[1]。
なおインターネット掲示板など一部から、名前をもじって「AK(エーケー)」と呼ばれている[2]。
>兵庫県出身。灘中学校・高等学校、東京大学経済学部を卒業。1998年(平成10年)通産省に入省、大臣官房総務課属。その後、経済産業政策局新規産業室、産業構造課勤務など、経産官僚を約10年間務めた。
2009年(平成21年)8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に三重2区から自由民主党公認で立候補するが落選した。
2011年(平成23年)4月10日に行われた三重県知事選挙に(自由民主党推薦・みんなの党推薦・公明党三重県本部の支持)で出馬[3]。37万9472票を獲得し当選した。就任時点では、大阪府の橋下徹知事を抜いて、36歳の全国最年少現職知事となった。
引用元:鈴木英敬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E8%8B%B1%E6%95%AC