「高崎山猿吉」レフェリー北沢幹之のリングネーム

094WfpzzgO
現在はレフェリーとして活躍する
北沢幹之が、日本プロレスの若手
レスラーだった頃、強制的に
使わされていたリングネームは?
上中米太坊
田田馬之助
高木金猿吉
高崎山猿吉(答)
32%

北沢 幹之(きたざわ もとゆき、1942年2月15日 -)は、日本の元プロレスラー、レフェリー。
現役時代は魁 勝司(かい しょうじ)というリングネームで活躍した。
>大分県東国東郡安岐町出身。
1961年10月に日本プロレスに入門。1962年1月21日、台東区体育館にて、林幸一を対戦相手としてデビュー戦を行う[1]。
北沢が大分県出身であったため、豊登から「高崎山猿吉」というリングネームをつけられたこともある。1966年にその豊登とアントニオ猪木が旗揚げした東京プロレスに参加、後に猪木と共に日本プロレスに復帰。
引用元:北沢幹之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B2%A2%E5%B9%B9%E4%B9%8B

数多くのレスラーのリングネームの名付け親で知られた。「アントニオ猪木」も彼の命名。命名の傾向としては、
時代劇の登場人物や侠客をイメージしたもの(例・田中忠治、上田馬之助、小鹿雷三〈後のグレート小鹿〉、山本小鉄、星野勘太郎など)
出身地からの連想(例・高千穂明久 – 後のザ・グレート・カブキ)
動物(例・高崎山猿吉・後の北沢幹之、大熊熊五郎・後の大熊元司)
があげられる(北沢は大分県出身なので、出身地からの連想でもある)。
引用元:豊登道春 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%99%BB%E9%81%93%E6%98%A5