「溝口和洋」やり投げ日本記録保持者 87m60

092XxXyeAo
87m60という、男子やり投げの
日本記録を保持する選手は誰?
吉上幸史
村井雅平
溝田和美
溝口和洋(答)
みぞぐちかずひろ
13%


1996年にチェコの陸上選手、ヤン・ゼレズニーが出した男子やり投げの世界記録は◯◯m48?
98(答)


CIMG2921kJOZOeMPLLvd
1988年に女子円盤投げの世界
記録を樹立した東ドイツの選手
ラインシュ(答)
Reinsch

CIMG8718mHvIRPJTIxbO
次の陸上選手と、2011年の
世界陸上選手権・テグ大会で
金メダルを獲得した種目の
正しい組み合わせを選びなさい
室伏広治───ハンマー投げ
マティアス・デ・ソルト───やり投げ
ロバート・ハルティング───円盤投げ
ダーヴィット・シュトール───砲丸投げ
引用元:2015世界陸上選手権 マラソン「藤原正和」やり投げ「新井涼平」200m「藤光謙司」 2011世界陸上金メダリスト ソルド「やり投げ」ハルティング「円盤投げ」シュトール「ハンマー投げ」 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/18719/

082kROcNrVgLX
1992年に西武ライオンズに入団
した異色の元やり投げ選手です
日明哲史
たちもりてつじ
引用元:「日月哲史」たちもりてつじ やり投げ出身の野球選手 「日明恩」たちもりめぐみ『それでも、警官は笑う』 「日月」熟字訓「一日ついたち」と「晦日・月隠つごもり」で「たちもり」 「日日」たちつか http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/9872/

溝口 和洋(みぞぐち かずひろ、1962年5月4日 – )は、日本のやり投選手。和歌山県西牟婁郡白浜町出身。
>「練習はウエイトがすべてで、あとはプラスα」「外国人選手との違いはパワーにある。だったらウエイトすればいい」という考え方[1]から現役当時は一日平均四時間以上のウエイトトレーニングを行い[6]、「ウエイトの溝口」と呼ばれていた[6][1]。ピラミッド形式でベンチプレス総重量100トンと懸垂500回を一日でこなしたことがあり、このときの練習は正午から始めて夜九時までかかったという[7]。ウエイトトレーニングだけで12時間かけたことがあるという[8]。
溝口の練習量について、中京大学時代に指導を受けていた室伏広治は「溝口さんは練習の鬼だった。自分も厳しい練習をこなしているほうだと思っていたが、溝口さんは、誇張でもなんでもなく、私の10倍以上の練習内容をこなしていた。」と語っている[9]。
引用元:溝口和洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%9D%E5%8F%A3%E5%92%8C%E6%B4%8B

ガブリエレ・ラインシュ(Gabriele Reinsch、1963年9月23日 – )は東ドイツの元円盤投選手で、同種目の男子も含めた世界記録保持者である。
1988年7月9日に、女子世界記録となる76m80を樹立した。この記録は、チェコスロバキアのズデンカ・シルハバの持っていた記録を2m24も更新するもので、驚くべきことに、この記録は今日に至るまで男子も含めて誰も肉薄すら出来ない数字である。なお前年までのラインシュの自己記録は67m18であり、1年で一気に9m62も記録を伸ばしている。
このように驚異的な記録を残したラインシュであったが、世界的な大会ではほとんど結果を残していない。目立ったものとしては、1987年のユニバーシアードで2位に入ったことくらいである。世界記録保持者として臨んだソウルオリンピックでは、優勝候補筆頭と目されていたが、67m26で7位に終わっている。
引用元:ガブリエレ・ラインシュ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5

村上 幸史(むらかみ ゆきふみ、1979年12月23日 – )は、日本の陸上競技選手。専門はやり投。アテネオリンピック・北京オリンピック日本代表。2009年ベルリン世界陸上競技選手権大会銅メダリスト。愛媛県の離島である越智郡生名村(現・同郡上島町)出身。日本大学卒業、スズキ浜松アスリートクラブ所属。日本大学文理学部体育学科助教。身長186cm。体重100kg。血液型AB型。
引用元:村上幸史 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%B9%B8%E5%8F%B2

吉田 雅美(よしだ まさみ 1958年6月14日 – 2000年3月7日)は、日本の男性陸上競技選手。専門はやり投。
>1958年6月14日、和歌山県有田市出身。
やり投げの第一人者として、後輩の溝口和洋と共に日本の投擲競技を支えた人物である。
1983年10月17日 87m18(旧規格)の日本記録(当時)を記録[要出典]。
1984年の第23回夏季オリンピックロサンゼルス大会の陸上競技:やり投で81m98(旧規格)を記録し、5位に入賞。
その後のソウル、バルセロナと五輪に3回出場したほか、アジア陸上競技選手権で優勝(金メダル)するなど、アジア屈指の実力を発揮した。
引用元:吉田雅美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%9B%85%E7%BE%8E