下田昭文「日本人初の米国防衛戦」 西岡利晃「日本人初米国本土で防衛成功」

056SKYVodNmXk
2011年7月に、日本人として
初めてアメリカ本土での
世界王座防衛戦を行った
ボクサーは?
下田昭文(答)
佐藤修
西岡利晃
坂田健史
ですが
2011年10月に、日本人として
初めてアメリカ本土での
世界王座防衛に成功した
ボクサーは?
西岡利晃(答)

下田 昭文(しもだ あきふみ、1984年9月11日 – )は、日本のプロボクサー。北海道札幌市生まれの広島県呉市育ち。第32代日本スーパーバンタム級王者。第37代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者。第31代WBA世界スーパーバンタム級王者。帝拳ボクシングジム所属。保善高等学校中退。
>2011年7月9日、世界王座初防衛戦。アメリカ合衆国ニュージャージー州アトランティックシティのボードウォーク・ホールで、WBA世界スーパーバンタム級1位のリコ・ラモス(アメリカ)との指名試合に臨んだ。日本人世界王者が米国本土で防衛戦を行ったのは初めてのことであり、試合はHBOの『ボクシング・アフターダーク』でダブルメインイベントのメインカードのひとつとして生中継された[8][9]。19戦全勝(10KO)の挑戦者相手に試合を優位に進め、半分の6回を終えた時点でポイントを大きくリード。しかし、7回に入ると下田の動きは急に悪くなり[10]、残り30秒を切ったところで挑戦者の左フックをアゴに浴び、たまらずダウン。立ち上がろうとしたものの足がふらつき、そのまま10カウント。2分46秒KO負けを喫し、5か月余りで世界王座を手放した[11]。CompuBox社のシステムを用いたパンチのコンピュータ集計によれば、全体の手数ではラモスを上回っていたものの、積極的に出したジャブが正確性を欠いていた[12]。
引用元: 下田昭文 – Wikipedia.

佐藤 修(さとう おさむ、1976年12月16日 – )は、日本の元プロボクサー。兵庫県神戸市出身。第22代WBA世界スーパーバンタム級王者。現役時代は協栄ボクシングジム所属。神戸国際大学附属高等学校卒業。
ボクサー時代のニックネームはハルク・ホーガンにも由来し、「大きな男」を意味するHULK(ハルク)。現役引退後の俳優業における芸名は蓮 ハルク(れん ハルク)。
>3か月後の5月18日、世界再挑戦。WBA世界スーパーバンタム級王者ヨーダムロン・シンワンチャー(タイ)に挑む。序盤は王者の攻勢を許し、敗色濃厚となるも、5回以降にようやくペースアップ。7回に2度のダウンを奪うと、迎えた8回、左ボディブローで王者をリングに沈め、逆転KO勝ち。王座奪取に成功する[1]。この試合は2002年度プロ・アマチュア年間表彰選手選考会で年間最高試合賞に選出され、同時に佐藤は殊勲賞も受けた[2]。
引用元: 佐藤修 (ボクサー) – Wikipedia.

西岡 利晃(にしおか としあき、1976年7月25日 – )は、日本の元プロボクサー。兵庫県加古川市出身、尼崎市在住[4]。
第25代WBC世界スーパーバンタム級王者。JM加古川ジム所属選手としてプロデビュー、2000年9月より帝拳ジム所属。
>2000年9月よりそして迎えた10月1日の試合では、西岡は慎重な立ち上がりを見せ、第5ラウンドと第6ラウンドで左をクリーンヒットさせて優位に立った。第8ラウンドにバッティングで頭部を負傷するアクシデントがあったものの、12回3-0(117-111、116-112、115-113)の判定勝ちを収めた。これにより西岡は日本人ボクサーとして初となるアメリカ合衆国本土での防衛成功と、内藤大助(34歳8か月)を抜き最年長記録を更新する35歳2か月での王座防衛(7度目)を成し遂げた。
引用元: 西岡利晃 – Wikipedia.

坂田 健史(さかた たけふみ、1980年1月29日 – )は、東京都稲城市議会議員。日本の元プロボクサー。広島県安芸郡府中町出身。第69代WBA世界フライ級王者。協栄ボクシングジム所属。山陽高等学校卒業。愛称は “Burning Fist”。入場曲はEUROPEの “The Final Countdown”。
>世界王座獲得[編集]
ロレンソ・パーラとの3度目の試合
>3R開始のゴングとともに坂田はダッシュしたが、パーラはコーナーの椅子から立ち上がれずに首の痛みを訴えて棄権した。3R0分14秒、TKOで坂田が勝利[37]、協栄ジム11人目の世界王者となった[38]。
引用元: 坂田健史 – Wikipedia.