「タケシバオー」初の賞金1億円ホース「野武士」

005OjLztWy
日本の競走馬で、初めて
賞金を1億円以上稼いだのは
◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
タケシバオー(答)
59%

タケシバオー(1965年4月23日 – 1992年1月12日)は日本の競走馬、種牡馬。
1967年に中央競馬でデビュー。同年、関東の3歳王者戦・朝日杯3歳ステークスに優勝し、啓衆社賞最優秀3歳牡馬に選出。翌1968年の4歳クラシック三冠戦線ではマーチス、アサカオーと共に「三強」と称され、皐月賞2着、東京優駿(日本ダービー)2着の成績を残した。1969年に天皇賞(春)に優勝、秋には中央競馬史上初の獲得賞金1億円越えを達成し、同年啓衆社賞年度代表馬に選出された。通算29戦16勝。あらゆる競走条件で活躍し、中央競馬で初めて「怪物」の異名を冠され[1]、また当時としては裏付けのない血統ながら、良血のライバルを破っていく姿から「野武士」とも称された[2]。競走馬引退後の1970年より種牡馬となり、数々の重賞勝利馬を輩出。2004年にはJRA顕彰馬に選出された。
>初の「1億円ホース」となる[編集]
その後、タケシバオーは宝塚記念を目標に関西に留まって調教を続けていたが、その過程で熱を出して回避を余儀なくされた[1]。熱が収まってからオープン特別競走・ジュライステークスに出走。次点の馬より8キログラム重い、生涯最高の65キログラムを負わされたタケシバオーは、スタートから行き脚がつかず不良馬場のなかで後方を進んだ[15]。この様子に古山も諦めかけていたが、しかし最後の直線に入ると鋭く伸び、スイートフラッグをアタマ差かわして勝利した[15]。古山は後に「レコード勝ちとか大差勝ちとか、いろいろ派手な勝ち方もあったが、いちばん強いなと思ったのはこのレースだった」と回顧している[15]。
のち休養に入ったタケシバオーは、ワシントンD.C.インターナショナルへの再びの出走を視野に、9月の毎日王冠から復帰[15]。62キログラムを負い道中向正面まで最後方を進んだが、そこから先行勢を次々とかわしていき、2着に3馬身半差を付けて勝利[15]。またこの時点で獲得賞金額は1億460万円となり、史上初の1億円越えを達成[16]。「1億円馬タケシバオー」などと一般誌にも報じられた[16]。
引用元:タケシバオー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%BC

アメリカがロケットのアポロ11号を打ち上げ、人類が月面に第一歩をしるしたのが昭和44(1969)年である。その年の年度代表馬が5歳(旧年齢表記)タケシバオーだった。
 前年の皐月賞まで13戦8勝2着4回のタケシバオーは、10戦5勝2着3回のアサカオーと、きさらぎ賞を勝ったマーチスとで3強と呼ばれた。
>東京新聞盃ダート2100メートルや、オープンのダート1700メートルでのレコードも光るが、芝の京都記念2400メートル、オープン1600メートル、春の天皇賞3200メートル、英国フエア開催記念スプリンターズS1200メートルと、まるで距離を問わない怪物ぶりで、
「こんな馬は見たことない」
 とファンは異常な強さに呆れかえった。とりわけ春の天皇賞馬の、1200メートルでのレコード勝ちにはたまげてしまった。
  1年のうちにレコード4回。史上初の賞金1億円馬。当時はGNP(国民総生産)が世界第2位に躍進し、企業戦士の奮闘から、
「おお! モーレツ」
 という流行語が生まれたが、タケシバオーにぴったりとあてはまるようだった。
(吉川良)
引用元:JRA50周年記念サイト http://www.jra.go.jp/50th/html/50horse/08.html