「明治大学」小林千紘「東京大学」竹本恵「慶應義塾大学」川崎彩乃

038DaQEuje
次の大学の野球部と
選手として登録された女子選手の
正しい組み合わせを選びなさい
明治大学───小林千紘
慶應義塾大学───川崎彩乃
東京大学───竹本恵
39%

小林 千紘(こばやし ちひろ、1982年2月20日 – )は、スリーハンドレッドカントリークラブ所属の日本のゴルファー。大学時代までは野球選手で、投手として最速130km/hを超える速球をもち、当時プロ野球の西武ライオンズに所属していた速球投手・松坂大輔に擬え「女松坂」と呼ばれた。明治大学野球部在籍中の2001年には、東京大学野球部の竹本恵と共に日本人女性として初めて東京六大学野球のマウンドに上がり話題となった。栃木県大田原市出身。
>2001年5月28日、東京六大学野球リーグの対東京大学戦で、竹本恵と女性同士で先発する形で初登板。3回を投げ、打者13人を被安打2、四死球2、1奪三振、無失点という内容で抑えた[12]。この年の春より投球フォームを従来のワインドアップからコントロール重視のノーワインドアップに変えていたこともあり、直球の最速は高校時代より15km/hほど遅い111km/hであった[12]。試合は明治が10-0で勝利し、小林に勝敗はつかなかった。
引用元:小林千紘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%8D%83%E7%B4%98

竹本 恵(たけもと めぐみ、1981年1月12日 – )は、かつて東京大学野球部に在籍した日本の大学野球女性選手。千葉県出身。
>左のアンダースローで、層の薄い東大では多少なりとも出番に恵まれた。同年秋季新人戦において初登板、2001年春季リーグ戦・対慶大1回戦(4月14日)で、日本人女性選手初出場となる登板を果たした(女性選手としての出場はジョディ・ハーラー(明大)に次いで2人目)。また、同年5月28日の対明大2回戦では小林千紘との女性同士の先発が実現し、注目を集めた。リーグ戦通算成績は4試合登板、0勝1敗、防御率9.00。
2003年、教育学部を卒業。その後バイクで世界を巡る旅に出る[1]。2006年帰国し、2007年には東京大学公共政策大学院へ入学した。
引用元:竹本恵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E6%9C%AC%E6%81%B5

 3月26日発売の同誌を手に取って驚いた。慶応義塾大学の選手欄に、女性の名前があるのだ。この名鑑はコーチからマネージャーまで載るのだが、確かに投手の欄である。そこには「川崎彩乃 1年 駒沢学園女子 155センチ 54キロ 右投右打」と書いてある……。

 東京六大学リーグの女子選手といえば、明治大学のジョディ・ハーラー投手が先駆け。1995年に東大戦の1試合だけ登板した。その後、東大の竹本恵投手が2001年4月の慶大戦に登板。さらに翌5月の明大戦では小林千紘投手との“女の投げ合い”を演じた。小林投手の登板はこの1試合のみとなった。
引用元:慶大野球部の女性新人投手「カーブ凄い」と西本聖氏が太鼓判│NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20120408_99870.html