「美浦」吉田隼人・三浦皇成・田辺裕信「栗東」藤岡康太

028IfqAeYh
次の中央競馬の騎手を
所属するトレーニングセンター
ごとにグループ分けしなさい
43%

美浦栗東
吉田隼人
三浦皇成
藤岡康太
田辺裕信
北村友一
松岡正海
内田博幸
蛯名正義
武豊
藤田伸二

美浦トレーニング・センター(みほトレーニングセンター)は茨城県稲敷郡美浦村にある日本中央競馬会(JRA)の施設(トレーニングセンター)である。
中央競馬の東日本地区における調教拠点である。略称は「美浦」「美浦トレセン」「美浦TC」など。
>美浦トレセンは競走馬の鍛練・調教を目的に設置されているトレーニングセンターとしては中央競馬・地方競馬を問わず日本国内で最大の規模の施設であり、厩舎区画は南地区・北地区の合計で約2300頭の競走馬を収容可能である。調教コースは厩舎群や馬場公園を挟む形で南北の2ヶ所に合わせて7つのトラックが設置されており、南コースには1600mのウッドチップコース(木片を敷き詰め、競走馬の足の負担を抑える)が、北コースには障害用の調教コースがある。さらに場内には馬の足腰の負担を抑えつつ強化するための坂路コース、脚元の弱い馬のためのスイミング・プールや水中歩行訓練装置、馬のクールダウンやリラックスのための逍遥馬道、海外レースに出走する競走馬が入る検疫厩舎、競走馬に総合的な医療行為を行える診療所なども設置されている。この種の施設としては、その規模・設備は世界的に見てもトップクラスの水準にあるとされる。
引用元:美浦トレーニングセンター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E6%B5%A6%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

栗東トレーニングセンター(りっとうトレーニングセンター)は、滋賀県栗東市にある、日本中央競馬会(JRA)の施設(トレーニングセンター)である
>その後、1967年11月に敷地造成工事着工[1]。開場に先立つ1969年8月に中京競馬場から人馬が移動し、調教を開始[1]。同年11月11日に開場式が行われ[4][5]、阪神競馬場から人馬が移動した[1]。1970年12月には京都競馬場からも人馬が移動し、関西地区の全厩舎が集結した[1]。
1980年代以降になると施設の充実が図られるようになった。1984年12月にウッドチップ馬場を馬場内400m追馬場の内側に新設[6]、1985年11月に坂路調教馬場が完成[6][1]、1988年9月に競走馬スイミングプールが完成[6][1]、1989年9月に芝コースの一部を改修して一周2063mのウッドチップコースが造られた[6][1]。これらの施設が整備された頃から関西馬の成績が向上するようになり、「強い関西馬」の原動力とも考えられるようになった[7]。
引用元:栗東トレーニングセンター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9D%B1%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

吉田 隼人(よしだ はやと、1983年12月20日 – )は、日本中央競馬会 (JRA) の美浦トレーニングセンター所属の騎手。兄の吉田豊もJRA美浦所属の騎手である。
引用元:吉田隼人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%9A%BC%E4%BA%BA

三浦 皇成(みうら こうせい、1989年12月19日 – )は日本中央競馬会所属の騎手。
>小学5年生のとき、電車で1人の女性の孫娘に席を譲った。その女性は「オメガ」の冠号で知られる馬主の原禮子であった。原は右手を怪我していながらも席を譲る三浦に感心し、話をすると三浦が騎手を目指していると知った。そこで原は自分の所有馬がプリントされているQUOカードを渡し、将来騎手になったら乗ってくれるように言った。このときに三浦は自分の名前を伝えていなかったが、その後騎手となり原のもとに挨拶に行くと、原は驚くと同時に三浦のバックアップをすることを約束した。初めて重賞を制したフィフスペトルを管理する加藤征弘に三浦を紹介したのは原である[23]。
妻はタレントのほしのあき。2011年9月25日に入籍し[24]、同年12月19日結婚式・披露宴を行なった[25]。2012年4月12日長女が誕生[26]。
引用元:三浦皇成 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%9A%87%E6%88%90

藤岡 康太(ふじおか こうた、1988年12月19日[1] – )は日本中央競馬会(JRA)の騎手である。2007年に騎手免許を取得し、2007年3月3日に初騎乗レースで初勝利。JRA史上42人目となる初騎乗・初勝利を達成する[4]。2009年には重賞およびGIレース初勝利を挙げ[5]、2015年には通算300勝を達成した[6]。
調教師の藤岡健一は父、騎手の藤岡佑介は兄にあたる[7]。
引用元:藤岡康太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%B2%A1%E5%BA%B7%E5%A4%AA

田辺 裕信(たなべ ひろのぶ、1984年2月12日 – )は、日本中央競馬会 (JRA)の騎手。なお、苗字の戸籍上の表記は田邊である[4]。
引用元:田辺裕信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E8%A3%95%E4%BF%A1