ル・マン24総合優勝「荒聖治」「関谷正徳」GT2優勝「高橋国光」「土屋圭市」「飯田章」チーム国光

022BNkJcAh
次のうち、「ル・マン24時間耐久
レース」で総合優勝を果たした
ことがある日本人ドライバーを
全て選びなさい
荒聖治(答)2004
関谷正徳(答)1995
土屋圭市
42%

CIMG6709
次のうち、1995年の
ル・マン24時間レースで
GT2クラスで優勝した
レーサーを全て選びなさい
関谷正徳 1995年ル・マン24時間総合優勝
土屋圭市(答)
飯田章(答)
高橋国光(答)


元・トヨタのワークスドライバー
ル・マンで日本人初の総合優勝
JTCC初代王者
現在はトムスの監督
関谷正徳(答)
せきやまさのり


自ら発案した「D1グランプリ」
の審査委員長も務めている
「ドリキン」の愛称で親しまれる
レーシングチームのドライバーは?
土屋圭市(答)

連想
1960年から二輪のWGPに出場
四輪に転向後はニッサンのエース
1995年ル・マン24時間クラス優勝
1999年に59歳で現役を引退
高橋国光(答)

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、仏:24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。
日本で「ル・マン24時間」というと、通常は一年の内で最も昼の長い毎年6月の初めから中頃に開催される自動車による耐久レースのことを指すが、現地では毎年、オートバイによる24時間耐久レースも開催されている。本項では四輪車による24時間レースについて解説する[注釈 1]。
>寺田陽次郎 – 2008年現在現役ドライバーとしての最多出場記録を保持している
関谷正徳 – 1995年総合優勝
荒聖治 – 2004年総合優勝
引用元:ル・マン24時間レース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B324%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

関谷 正徳(せきや まさのり、1949年11月27日[1] – )は、日本の元レーシングドライバー。静岡県安倍郡井川村(現在の静岡市葵区)出身[2]。血液型はA型。常葉学園橘高校出身[3]。
2000年10月の SUZUKA GT 300km で引退[2]。
トムスチームの監督を務めるほか、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)の校長も務める[1]。
>1995年のル・マン24時間レースでは、マクラーレン F1 GTRで日本人初の総合優勝を果たした[2]。
引用元:関谷正徳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E8%B0%B7%E6%AD%A3%E5%BE%B3

荒 聖治(あら せいじ、1974年5月5日 – )は千葉県出身のレーシング・ドライバー。
>2001年からはル・マン24時間耐久レースに参戦を開始し、2004年にはチーム郷のアウディ・R8で、日本人では2人目となる総合優勝を果たした。
引用元:荒聖治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E8%81%96%E6%B2%BB

決勝レースでは、GT1クラスのターボ車が序盤にリタイア、NA車が深夜にクラッシュし、修復したものの義務周回数不足となり完走扱いとならなかったが、悪天候の中を果敢に攻めたノバ・エンジニアリングメンテナンスのチーム国光(高橋国光/土屋圭市/飯田章組)がGT2クラスでクラス優勝を果たした。GT1クラスのターボエンジン車はル・マンの後に鈴鹿サーキットでテストを行っているが、それ以降姿を消しており、ワークスチームであるGT1クラスの参戦はこの年限りで終了した。
1996年はGT2クラスにチーム国光1台のみが参戦したが、ライバルの進歩が上回りクラス3位に終わった。結局この年を最後に、ホンダのル・マン24時間レースへの参戦は幕を閉じている。
引用元:ル・マン24時間レース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B324%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

この年のル・マンは、大挙出場したマクラーレンF1 GTR勢が降り続く雨のなかでトップ争いを繰り広げ、関谷正徳の59号車が総合優勝したことで、我々日本人には印象深いレースだった。一方、可能性を求めてGT1クラスに挑戦した2台のNSXは、ターボ車がクラッチトラブルで戦列を離れ、NA車がクラッシュの修復作業で周回数不足となり完走を果たせなかったが、GT2クラスのチーム国光NSXが、クラス優勝という結果を生んでいた。

前年と同じく高橋国光/土屋圭市/飯田章でチームを編成。日本のノバ・エンジニアリングのハンドリングで、94年仕様の強化対策モデルを使ったが、生産車のメカニズム、基本骨格をベースとする点は同じだった。市販NSXの延長線上で作られた仕様であっただけに、クラス優勝は意義深いものだ。
引用元:Honda | Honda Racing Gallery | その他 | Honda NSX GT2 http://www.honda.co.jp/Racing/gallery/1995/02/