「伊藤光夫」マン島「ツーリスト」トロフィー 日本人唯一の優勝者

012RQvQxgX
1907年からイギリスの
マン島で開催されている
マン島TTレースの
「TT」を略さずにいうと?
トラフィック・トロフィー
トライアル・トロフィー
ツーリング・トロフィー
ツーリスト・トロフィー(答)
39%

286BEmBzoQ
伝説の日本人ライダー
スズキ
50ccクラス
日本人唯一のマン島TT優勝者
片山敬済 かたやまたかずみ
片山義美 かたやまよしみ
谷口尚己 たにぐちなおみ
伊藤光夫(答)
31%


伝説の日本人ライダー
16歳で「浅間火山レース」に優勝
小説『汚れた英雄』のモデル
マン島TTで日本人初の表彰台
伊東史朗(答)


伝説の日本人ライダー
映画「甦るヒーロー」
1983年のレース中に背骨を骨折
日本人初のWGP王者とされる
片山敬済(答)


伝説の日本人ライダー
四輪に転向し追浜ワークスに加入
WGPで日本人初の3位入賞
高橋国光の師匠
田中健二郎(答)

マン島TTレース(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of man)で開催されているオートバイ競技である。競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した公道閉鎖令に基づき公道を閉鎖して行なわれる。
>TT(Tourist Trophy – ツーリスト・トロフィー)レースという名称は、レースの形態が現在のように周回コースを使用して行われるようになるまで、ヨーロッパの都市と都市を結ぶ公道を使用して行う都市間長距離移動レースという形態であったため、”tourist”(旅行者ではなく「遠征するスポーツ選手」という意味で、マン島TTレースの場合はライダーのことを指す)によって競われるレースという意味合いを持つことに由来していて[2]、自転車競技のステージレースで「ツアー(フランス語では「ツール」)」という語が用いられるのと同様である。当初のマン島TTレースの目的は、市販車の改良であった。そのため、レースに出場するオートバイは年々スポーツタイプと化していった[3]。
引用元:マン島TTレース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6TT%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

Mitsuo Itoh (伊藤光夫 Itō Mitsuo?) (born January 1, 1937) is a former Grand Prix motorcycle road racer from Japan.[1]

Itoh was a lifelong employee of Suzuki (mainly concerned with racing and competitions) and began his Grand Prix career in 1961 at the French motorcycle Grand Prix. There he was a DNS in the 125cc Grand Prix and retired on the 3rd Lap in the 250cc Grand Prix.[2] He finished in fifth place in the 50cc world championships, four consecutive years between 1962 and 1965. In 1963, Itoh became the first Japanese rider to win a race at the Isle of Man TT when he claimed the 50cc Ultra-Lightweight TT. He remains the only Japanese rider to have won an Isle of Man TT race.[3] Itoh won two Grand Prix races during his career.[1] Itoh stayed with Suzuki for most of his racing career, even for his brief foray into car racing.
引用元:Mitsuo Itoh – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Mitsuo_Itoh

そして、1963年。スズキにとって、いやニッポン人にとっても嬉しい結果がもたらされた。伊藤光夫さんが、50ccクラスで初優勝したのだった(マシンはRM63)。レースは3周で行われた(前年まで2周だった)。スタート直後からデグナーと伊藤光夫の、スズキ勢同士の争い。2周を終わってデグナーと伊藤光夫の差はわずか3秒だったという。3周目、デグナーがマシントラブルでリタイヤ。伊藤光夫が優勝、2位にもスズキのアンダーソンが入った。
この年、スズキは、50cc、125ccの両クラスでメーカーと個人の世界タイトルを獲得したのだった。
伊藤光夫さんは、マン島で優勝した唯一のニッポン人なのだ。
引用元:日本人唯一のマン島TTレース・ウイナー。伊藤光夫、マン島へ還る。 http://mr-bike.jp/feature/man/