参戦順「メルセデス・ベンツ」「ロータス」「ホンダ」

051qRWPHow
次のエフワンチームを
参戦したのが古い順に
選びなさい
ホンダ 1964
メルセデス・ベンツ 1954
ロータス 1958
「メルセデス・ベンツ、ロータス、ホンダ」(答)

アルファロメメオ 1950
メルセデス・ベンツ 1954
ロータス 1958
ホンダ 1964
マクラーレン 1966
マーチ 1970
ウィリアムズ 1975
アロウズ 1978
34%

CIMG9178PEvKnpPsFPVF
次のイギリスの自動車メーカー
ロータスの乗用車を
初代モデルが製造されたのが
古い順に選びなさい
ロータス・エリート
ロータス・エラン
ロータス・エリーゼ

文字パネル
文字パネル アジア・アフリカ作家会議が毎年授与している「アジアのノーベル文学賞」の別名がある文学賞は◯◯◯◯賞?
ロータス(答)
「ロータス賞」

文字パネル
ハス科の植物の葉の表面を研究することで材料工学に取り入れられた、撥水加工技術は「◯◯◯◯効果」?
ロータス(答)
「ロータス効果」
引用元:「野間」宏『青年の環』で「ロータス賞」受賞 「マグサイサイ賞」アジアのノーベル賞 英国自動車会社ロータス「ロータス・エリート」「エラン」「エリーゼ」 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/21550/

F1コンストラクターの一覧では、1950年に始まった、FIA F1世界選手権に参戦したことのあるコンストラクターを一覧する。
なお、F1において「コンストラクター」とは、「マシン製造者」であり、厳密な意味において「チーム」とは異なる。ただし、現在では「チーム=コンストラクター」であることがレギュレーション上定められている。そのため、「ローラ」などはチームとしての参戦はごくわずかだが、「コンストラクター」としては多くのチームへ供給している関係から、多数の参戦経歴が記録されている。
引用元:F1コンストラクターの一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/F1%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

引用元:F1参戦コンストラクター http://homepage3.nifty.com/eikoku/10hi/sp/

メルセデスは1930年代にグランプリレースに参戦し、1954年から2シーズンに渡ってF1世界選手権に参戦した。メルセデスは2009年11月16日にリリースを出してロス・ブラウンが所有するブラウンGPを買収してメルセデスGPとすることを発表し、株式をメルセデスが45.1%、アブダビ企業のアーバー・インベストメンツが30%取得したことを明らかにした[1]。メルセデスのグランプリへの復活は1955年以来54年ぶりである。本項ではメルセデスベンツのすべてのレース参戦記録について述べる。
引用元:メルセデスAMG F1 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9AMG_F1

チーム・ロータス(Team Lotus)は、レーシングチームであり、1958年から1994年までF1に参戦していた。その後2011年には「Malaysia F1 Team」が「チーム・ロータス」の名称を使用して再び参戦していた。本項では主に前者を中心に記載するが、後者についても後述の節『#ロータス名称問題。2つの「ロータスチーム」』に一部を記載するものとする。
>コーリン・チャップマンにより設立されたロータス・エンジニアリングはF2で活躍していたが、1958年にはグラハム・ヒルらを擁してF1に参戦を開始。
1960年のモナコGPではスターリング・モスがロブ・ウォーカー・レーシングに供給された「ロータス 18」を駆り、ロータスのシャシーとして初優勝。また、1961年のアメリカGPではイネス・アイルランドがワークスチームとしても初優勝を果たした。
引用元:チーム・ロータス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9

ホンダF1(Honda F1)は、2006年から2008年まで旧B・A・Rの株式をホンダが100%取得してF1に参戦していたレーシングチーム。正式名称はホンダ・レーシング・F1チーム(Honda Racing F1 Team)。
F1参戦は、シャーシ、エンジン含め全て自社製造しフルワークス体制でチームとして参戦した第1期、既存チームにエンジンを供給するという「エンジンサプライヤー」のかたちをとった第2期、当初エンジンのみを供給し、後にフルワークス体制のホンダF1チームに移行した第3期、エンジンとエネルギー回生システム(ERS)をパッケージしたパワーユニットのサプライヤーとなる第4期に分かれる。厳密にいえば、参戦体制は、第1期・第2期・第4期の参戦は本田技研工業及び本田技術研究所によるものであり、2006年以降を含む第3期参戦は本田技研工業により1999年にイギリスに設立されたホンダ・レーシング・ディベロップメント(HRD)社によるものである。
引用元:ホンダF1 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80F1