「ラウンドザヘッドストローク」バドミントンの打法 バック側をフォアハンドで

049cYuFdah
次の文字列を順に選んで
バドミントンで利き手と反対に
きたシャトルをフォアハンドで
打ち返す打法の名前にしなさい
ラウンド
ヘッド
ストローク

「ラウンドザヘッドストローク」(答)
42%

フォアハンド、バックハンドそれぞれに打点の高さによってオーバーヘッドストローク・サイドアームストローク・アンダーハンドストロークの3つのストロークがある。それぞれ名前の通り、オーバーヘッドは頭より上、サイドアームは肩の高さ(肩から肘の高さ)、アンダーハンドは肘より下、のそれぞれの位置に来たシャトルを打つ打ち方である。バックハンドのオーバーヘッドを特にハイバック、利き腕と反対側(バック側)に来たシャトルを、フォアハンドで打ち返す技術を特にラウンドザヘッドストロークという。
引用元:バドミントンの技術 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93