INAC神戸監督「石原孝尚」「前田浩二」「熊田喜則」

043scLTgxw
次の人物を
女子サッカークラブ
INAC神戸レオネッサの
監督を務めた順に選びなさい
前田浩二
石原孝尚
熊田喜則
「石原孝尚、前田浩二、熊田喜則」(答)
31%

各監督の苗字のアルファベット「IMK」を元に、
「INAC」から「IMK」みたいな感じで

INAC神戸レオネッサ(アイナックこうべレオネッサ)は、兵庫県神戸市を本拠地とする日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカークラブ。
>アイナックは神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティの担い手を育成し、更には国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして、娯楽・飲食・スポーツ事業などを手掛ける「アスコホールディングス」(神戸市中央区)により2001年4月に設立された。2001年11月に女子サッカーチーム「レオネッサ」が誕生。「アイナック(INAC)」は”International Athletic Club”の略であり、チーム名の「レオネッサ」はイタリア語で雌ライオンを意味する。[2]
>2013年シーズン、ヘッドコーチの石原孝尚が監督に昇進[30]。ASエルフェン狭山FCから渡辺彩香が移籍加入、藤枝順心高等学校から今井晴香、山田真帆、平野里菜が、常盤木学園高等学校から道上彩花が入団[31]。国内で2007年の日テレ・ベレーザ以来となる三冠独占(なでしこリーグ2013・なでしこリーグカップ2013・第35回皇后杯)を達成するとともに、国際女子サッカークラブ選手権2013も制した[32]。
2014年シーズン、前田浩二が監督に就任した[33]。前田は、なでしこリーグ初采配であるばかりか、アビスパ福岡の監督(2012年シーズン途中で解任)期間と2013年の途中に就任したガイナーレ鳥取で采配を振るった期間を合わせると26試合も勝てていなかった[34]。ガイナーレはその年のJ2・J3入れ替え戦でカマタマーレ讃岐に敗れ、J3に降格している[35]。当季のレオネッサは18節終了時点で2連敗が3回と成績不振で、前田は10月15日付けで辞任し[36]、10月25日に熊田喜則が監督に就任した[37]。
2015年シーズン、前ASエルフェン埼玉監督の松田岳夫が監督に就任[38]。AS埼玉から伊藤香菜子と齊藤夏美[39]、ベガルタ仙台レディースから鮫島彩が移籍加入[40]。前年アーセナルLFCに在籍していた大野忍が3年ぶりの復帰[41]。藤枝順心高等学校から杉田妃和[42]、JFAアカデミー福島から守屋都弥、日ノ本学園高等学校から竹村美咲[43]、韓国・江原道立大学からチャン・スルギが入団[44]。INAC神戸レオネッサBから渋澤杏奈が昇格[45]。リーグ戦の最終順位は3位に終わるが[46]、第37回皇后杯では2年ぶりの優勝となった[47]。シーズン終了後、澤穂希と海堀あゆみが現役を引退した[48][49]。
引用元:INAC神戸レオネッサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/INAC%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5